詳細検索

こきテク レビュー

柔らかいタッチマテリアルと弾力性のあるクリア素材を使用した低価格ホール。

シンプルなヒダ構造の低価格簡易ホール。素材は、独特の弾力性をもつプレミアムクリアを使用した「かな」と耳たぶのような激柔素材タッチマテリアルを使用した「ゆな」の2タイプ。
こきテクの商品画像
人気
気持ち良さ
メンテナンス
耐久性
コスパ
販売店 販売終了しています。
サイズ 全長:約15㎝ 直径:約4.3cm
メーカー トイズサカイ 価格 税込み600円前後~
発売年 2010年 素材名 ゆなのこきテク(肌色) タッチマテリアル
かなのこきテク(透明) プレミアムクリア
締り具合 ゆなのこきテク(肌色) ややきつい
かなのこきテク(透明) 普通
刺激 ゆなのこきテク(肌色) 弱い
かなのこきテク(透明) やや強い
匂い 気にならない 油っぽさ 気にならない
柔らかさ ゆなのこきテク(肌色) とても柔らかい
かなのこきテク(透明) 普通
裏返し ゆなのこきテク(肌色) ×
かなのこきテク(透明) 
種類 低価格ホール 非貫通式ホール クリアタイプ ヒダ系ホール 販売終了
管理人レビュー

AURAを発売しているメーカーさんの新作簡易ホールを試してみました。2種類あって、色的にAURA1、2くらいの差かなと思ったら、肌色のタッチマテリアル素材の方はAURA2よりも更に柔らかく、ふにゃふにゃトロトロの激柔素材です。両方とも匂いも少なくベタつきもありません。

まずは肌色のタッチマテリアル素材の方ですが、大魔王さんのレビューで見られたほどの大きな変形はなく、多少楕円形になっている程度でした。変形が大きいのに当たるか当たらないかは完全に運ということかもしれません。

肌色の方から挿入してみると、穴は1.5cm程度とややきつめ、簡易ホールなのでボリュームはありませんが奥行きは充分にあります。挿入はしやすくて、奥まで引っかかることなく入ってくれます。肉の感触がとっても気持ち良いです。

ただ、ストロークすると内部のヒダはほとんど感じれませんね。柔らかすぎてヒダが潰れちゃってる感じですし、伸び縮みし過ぎてストロークもしづらいです。ですのでローションは多めに入れた方が動かしやすいです。内部の刺激は、ヒダよりも素材が擦れる刺激がメインです。非常にまったりタイプですが、肉の感触は抜群に良くて、出し入れしていると気持ち良さがジワジワこみ上げてきます。

一方、透明のクリア素材の方ですが、こちらも大きさや内部の穴の径はほとんど肌色と同じで、細いですが奥行きはまずまずあります。透明の方はAURA1くらいの固さでしょうか、肌色と違って弾力性のある素材です。

クリア素材の方を試してみると、ジョリジョリが強めですぐに刺激が伝わってきます。ヒダの刺激は分かりやすくて良いのですが、肌色と違って素材が薄く感じます。ちょっと肉感が足りないかな。@15な等と合体させると良い感じかもしれません。

肌色と透明を比べると、それぞれ一長一短ありますね。肌色は柔らかくて肉の感触が素晴らしいものの、ヒダの刺激がほとんどないので、マッタリが合わない人には物足りないかもしれないです。透明の方はジョリジョリの刺激があるものの、肉厚が物足りなくて、悪く言うと単調な刺激かもしれません。

個人的には、肌色のタッチマテリアルの方が好みです。これで、もう少し大きい同メーカーの「激快感」サイズくらいのも出して欲しいです。耐久性は肌色の方がさけやすい感じで、一回の使用で内部に小さな亀裂が入ってました。でもまぁ600円の元を取れるくらいは楽しめるホールだと思います。

パッケージ画像1
パッケージ画像2

オナホールの詳細画像

パッケージ画像3
ご感想を募集中!

当サイトでは、オナホールのご感想を募集中です。辛口ご意見、管理人のレビューと180度違うレビューも大歓迎です。また、一度ご投稿いただいたホールでも、使っていくうちに違った感想が出てきた場合は再度ご投稿下さって構いません。文章の量は極端に短すぎなければOKです!

お名前(ペンネーム可)
ホール名
気持ちよさ
メンテナンス
耐久性
コストパフォーマンス
しまり具合
刺激
匂い
油っぽさ
柔らかさ
裏返し
ホールのご感想

送信が上手く出来ない場合は、こちらのフォームからご送信下さい。