詳細検索
ラブボディHina(ラブボディ ヒナ) コスプレ写真館

ラブボディHina(ラブボディ ヒナ) レビュー

理想のM字お座りポーズがかわいい!ラブボディhina登場。

エアーダッチの殿堂、「ラブボディシリーズ」第7弾ラブボディhina。今作ではお座りボディが更に進化してM字開脚を実現。正常位、騎乗位、座位とマルチに対応。胸と膝を近づける事によって寝かせた時の挿入をスムーズにするなど、実用面も考慮されている。
ラブボディHina(ラブボディ ヒナ)の画像

エアーダッチ評価

エッチ度 装着可能ホール セット速度 コスプレ 体位

販売店
サイズ B71cm W56cm H76cm 頭48cm 高さ75cm
(すべて実測)
ホール装着径 約8.5cm×5.5cmの楕円形
奥行き約19cm
価格 税込み2,800円前後~
発売年 2012年 メーカー A-One(エーワン)
種類 エアーダッチ

えっもう新作?という早いタイミングでラブボディの新作が発売されました。前作のミユが登場したのが今年の4月ですから、8ヶ月位での新作発売となります。8ヶ月というと結構長い期間のような気がしますが、リサ以降はドラクエ並みのゆっくりとした期間をかけての発売でしたので、ラブボディシリーズの今までの開発期間からいうと異例の早さでの新作投入とういうことになります。

発売が早くなった理由はひとえに前作のミユが不振だったからではないでしょうか。ミユは等身大として期待され、決して見栄えが悪いというような事は無かったと思うのですが、実用面では使いづらいという声が多いですし、改造前提の上級者向けになってしまい、新規ユーザーをうまく取り込めなかったというのも有るのではないでしょうか。

更に近年増えてきた、宇佐羽えあを始めとする他メーカー製のエアーダッチの台頭もあるでしょう。エアーダッチの元祖といえども、今までのようにどっしりと構えてはいられなくなったので、開発を早めなければいけなくなったという事情も有ったと予測します。

それはさておき、早いペースで新作が発売されるというのはファンにとっては嬉しい事で、今度はどんなラブボディが出来上がったのか気になる方も多いと思います。つたないレビューですが、いつものように新作ラブボディをチェックさせて頂きたいと思いますのでどうぞご覧下さい。

まずは製品をチェック!

箱を開けると、折りたたまれたラブボディヒナが登場。付属品はなくこれのみです。素材は特に変更はなさそうでいつものラブボディのビニール素材です。

空気口はこの位置。この位置だと服を着せた状態でも空気を入れやすいので便利ですね。逆支弁もついていいます。

バストは71cmと貧乳仕様です。体系的にはJS高学年~JC辺りではないでしょうか。

ミユ、レン同様に頭部が付いています。頭部サイズは48cm 頭部があるとウィッグもつけれますし新たな楽しみが増えるのでありがたいですね。

足の開脚はあまり広くはないですが、空気量を控え目にすると有る程度は開脚させる事は可能です。

内股ですごく女の子らしい座り方ですね。

お腹と太ももはくっついていません。くっついているとコスプレの自由度が減るので心配していたのですが、一安心ですね。

さすがラブボディという位、流れるような足のラインが綺麗に出ています。

パッケージにヒップ91cmと書いてあったので、安産型か?どれほど大きいお尻なんだろうと気になっていたのですが、膨らませてみると意外に小尻でした。

91cmというのはおそらく足を曲げた状態で測ったのではないでしょうか??実際には上半身とのバランスもとれていますし大きすぎる感じはしないです。

ホールポケットはアキやミユとほぼ同サイズで、中型ホールなら装着可能です。

挿入角度はやや下方向で、アキよりもミユに近い角度ですね。


似ていると評判の風船少女と比較してみました。


左:風船少女 右:ラブボディヒナ

左:風船少女 右:ラブボディヒナ

足を立てたM字のお座りポーズ、内股の足など良く似ていると噂の「風船少女」と比較してみました。

膨らませてみると確かにポーズ自体は似ていますが、足の大きさがかなり違いますね。上半身もヒナの方が一回り小さい印象です。

風船少女は太ももの付け根とお腹がくっついている為に上半身が前傾しています。これに対してヒナは太ももとお腹が離れていて上半身も真っ直ぐです。

足の伸ばし方も違い、ヒナの方がスペースを取らず重心バランスが良いので座り状態でも安定しています。


左:風船少女 右:ラブボディヒナ

ホール装着口が下過ぎて残念だった風船少女ですが、それを知ってか知らずかヒナの方が穴の位置が上にきています。風船少女とはなんだったのか。風船少女は実はラブボディヒナのベータ版だったのではないか。ベータテストの後、問題点を全て修正してきたヒナを出したと考えれば合点がいきます。まぁメーカーが違うようなので単なる偶然だとは思いますが、何らかの参考に(良い点も悪い点も)している可能性はあるかもしれませんね。


ラブボディアキと比較してみました。


左:風船少女 右:ラブボディヒナ

左:風船少女 右:ラブボディヒナ

足を立てたM字のお座りポーズ、内股の足など良く似ていると噂の「風船少女」と比較してみました。

膨らませてみると確かにポーズ自体は似ていますが、足の大きさがかなり違いますね。上半身もヒナの方が一回り小さい印象です。

風船少女は太ももの付け根とお腹がくっついている為に上半身が前傾しています。これに対してヒナは太ももとお腹が離れていて上半身も真っ直ぐです。

足の伸ばし方も違い、ヒナの方がスペースを取らず重心バランスが良いので座り状態でも安定しています。


左:風船少女 右:ラブボディヒナ

ホール装着口が下過ぎて残念だった風船少女ですが、それを知ってか知らずかヒナの方が穴の位置が上にきています。風船少女とはなんだったのか。風船少女は実はラブボディヒナのベータ版だったのではないか。ベータテストの後、問題点を全て修正してきたヒナを出したと考えれば合点がいきます。まぁメーカーが違うようなので単なる偶然だとは思いますが、何らかの参考に(良い点も悪い点も)している可能性はあるかもしれませんね。


感想、評価まとめ

【使用感をチェック】

まず正常位ですが、穴の位置も悪くなく挿入自体はしやすいのですが、足を抱えた状態で覆い被さる事になるのでパンクの危険性が高く怖くて全体重をのせれません。綿入れしている方は正常位は問題なく行えると思いますが、空気派の方はこちらの上体を起こして体重をかけずの正常位になるでしょう。この感じはアキに似ていると思います。

得意なのは騎乗位と意外にバックが高さや角度的に私は合いました。そして一番好きなのは対面座位で、足を抱え込んだ状態で対面するのは、今までに無い新鮮さがあり興奮してしまいました。

【装着可能なホールサイズは?】】

アキとミユとホールポケットのサイズを比較してみましたが、多少数値が違いますがいずれも誤差の範囲で、実際装着出来るホールは同じくらいのサイズですね。

【強度について】

従来より間接の曲げも増え、頭部もついたりとより複雑な縫合になっているのでパンクの危険性はより高まっていると思います。怖いと感じたのはやはり太ももや膝の曲がった部分で、最初から補強してある部分もあります。パンクしたら透明のビニールと接着剤で補修する事になりますが、エア派の人は事前に弱そうな部分を補強しておく方が良いかもしれませんね。

【服のサイズは?】

アキとサイズが似ているのでアキで着せていた服が流用出来そうです。下半身は風船少女だと太ももとお腹がくっついていたのでパンツをうまく履かせる事が出来ませんでしたが、ヒナは離れているのでパンツも普通に履かせる事が出来ました。

着せれる服に関しましては、順次写真館に掲載していく予定ですので宜しければそちらもご覧下さい。

【トータル的に見ると】

風船処女で内股のM字スタイルを見ていたので正直どうかな?と思っていたのですが、膨らませてみると女の子らしくて非常に可愛らしいです。なにも着せていない透明なビニールの状態で可愛いと思えてしまう出来ですし、シリーズで一貫しているボディラインの美しさは健在でした。他社とは一味違うこのラブボディ品質は、ずっと維持していって欲しいです。

膨らませたヒナを眺めていると、ポツン物憂げな表情を浮かべて座っている少女の姿が見えてくるようです。この年代の少女特有の体の柔らかさや、しなやかで華奢なボディラインを、よくぞエアーダッチでここまで表現してきたなと感心してしまいます。褒めすぎてしまいましたが、私の中ではアキと並んでラブボディシリーズではお気に入りになりそうです。


パッケージ画像1
パッケージ画像2
ご感想を募集中!

当サイトでは、オナホールのご感想を募集中です。辛口ご意見、管理人のレビューと180度違うレビューも大歓迎です。また、一度ご投稿いただいたホールでも、使っていくうちに違った感想が出てきた場合は再度ご投稿下さって構いません。文章の量は極端に短すぎなければOKです!

お名前(ペンネーム可)
エアーダッチ名
ご感想

送信が上手く出来ない場合は、こちらのフォームからご送信下さい。

ラブボディシリーズ


コスプレ写真館

ラブボディヒナ コスプレ写真館 ラブボディアキ コスプレ写真館 ラブボディミユ コスプレ写真館
ラブボディレン コスプレ写真館 ラブボディリサ コスプレ写真館 ラブ ヴィーナス コスプレ写真館
ラブボディCoco写真館