詳細検索
子宮口オナホール

子宮口オナホール レビュー

子宮姦を擬似体験出来るオナホールが人気


子宮口オナホールとは?

子宮口、子宮姦を再現したオナホール。現実では実現しにくいウテルスセックスと呼ばれる子宮内(ウテルス)にペニスを挿入するというプレイを疑似体験出来るオナホール。

子宮口ホールは大きく分けると二つのタイプに分かれ、一つはオーソドックスな最奥に子宮口が待ち構えているタイプで、子宮口が構造の終点となるタイプ。

もう一つは近年増えてきた、より挿入しやすさを高めた中間付近に子宮口を設けたタイプで、亜種として実際には存在しない子宮口が連続しているタイプなども登場している。


最奥に子宮口タイプ
特徴

昔からあるオーソドックスな子宮口ホールがこのタイプで、最奥に子宮口が待ち構えている。古くはセブンティーンが有名で、無次元系が登場するまで、一時代を築いたオナホールとなった。ツルツルの内部に子宮口という構造は、リアル系(当時はこれでもリアルと呼ばれていた)ともてはやされた。

一時期絶滅したかに思えた構造だが、近年ウテルスのキーワードと共に改めて見直され、またジワジワと人気が高まっている。


中間付近に子宮口タイプ
特徴

子宮口ホールの奥に届きにくい、或いは子宮口の挿入感が弱いと言った欠点を補ったタイプ。

より届きやすく、挿入感が分かる中間付近に子宮口が有るので万人が楽しめる構造となっている。

亜種として、子宮口が複数存在するものやイルカの子宮口を再現したものなど、リアルとはかけ離れたタイプも登場している。