詳細検索
フェラ系オナホール

フェラ系オナホール レビュー

フェラ感を高めるアイデアでしのぎを削りあう熱いジャンル

フェラチオタイプのオナホール。これといった定番製品も無く、まだまだ発展途上のジャンルだが、潜在ニーズがとても高いと思われる注目のカテゴリー。単純に唇型の入り口にしただけのタイプや、口内を忠実に再現したタイプまであり、各社新技術、アイデアを投入して定番シリーズとなるべくしのぎを削っている。


特徴

口内の赤色を再現するのに、着色ではなく2重構造を採用するのが主流。内部加工は、本物の口内に忠実にツルツルにするか、刺激面を考慮してヒダやイボの加工を施すかで分かれる。

内部をツルツルにした場合、リアルさはアップするがゴツゴツとした大味な刺激にもなりがち。一方、ヒダやイボなどの内部にすると、刺激面ではアップするが、ややもすれば人工的な刺激になってしまい、フェラ感が損なわれてしまう。



構造的には入り口部の口内は広く、奥の喉の部分に締りを持たせているタイプが多く見られる。

代表的な製品

極フェラ4


特徴

舌は単に隆起しているだけの物と、しっかりと指でつまめる位に舌の形そっくりに形成させたタイプがある。

舌をリアルな形状にしたタイプは、舌の動きが重要となり、ストロークした時に舌がちゃんと動くと、よりリアリティが増すように思う。

舌は個人的には最も柔らかくして欲しい部分。外装と同じ硬度で仕上げている製品がほとんどで、満足のいく柔らかさの舌がついたホールが見当たらないのが残念。

代表的な製品

真実の口 ぺろりん はんじゅくっ!ぺろぺろばーじょん


特徴

フェラホールにおいて重要なパーツの唇。入り口を唇の形状にしているホールが多く見られ、視覚的にもフェラ感を出せる。

入り口は何故か鼻と口だけのタイプが主流となってきた。単純に目まで入れるスペースが無いというのも原因だろうけど、目まで単一素材で作ってしまうとかなり不気味な感じになってしまうからかもしれない。

例にあげて申し訳ないがNAdeSI娘★りっぷは典型的なその失敗例の一つ。

唇は着色されたタイプが無く全然表情がない。見た目はまだまだ開発の余地があるだろう。



個人的に挿入時ペニスに触れた感触が唇っぽかったのは、キンジェイフェラホール。

代表的な製品

キンジェイフェラホール


特徴

真実の口というホールで実装された新ギミック。柔らかいホールの素材の中に、異質な固い素材の歯を入れる事によって、挿入時のフェラ感をより高める効果がある。



感想は今のところ、リアリティが増したという声と、ゴツゴツしてて気持ち良くなかったという声があり、意見が分かれている。気持ち良くないという人の中には、早々に歯を取り外してしまう人もいるようだ。

使用してみて感じた点は、これが感触的な気持ち良さにつながる物ではないという事。あくまでイメージを高めるパーツであって、歯だと脳内変換出来ない人には、無用の長物になりかねないパーツかもしれない。

他社も真実の口に追従して歯を実装してくるのか、新しいフェラホールのギミックとして定着していくのかは未知数。

代表的な製品

真実の口


真実の口シリーズ

フェラ系ホールを全て見る