詳細検索
エアーダッチ総合

KUU-DOLL(くうドール)3 レビュー

女性らしいラインへと進化したM字タイプのくうドール3。

くうドールの第3弾はどんな体位にもフィットするM字開脚タイプのエアーダッチ。ベタつかないサラっとした新素材スムーススキンを採用し、よりリアルさを追求した特注仕様の乳首パーツを搭載。
KUU-DOLL(くうドール)3の画像

エアーダッチ評価

エッチ度 装着可能ホール セット速度 コスプレ 体位

販売店
サイズ バスト:約78cm ウエスト:約53cm ヒップ:約88cm 頭部:約46cm 肩幅:約33cm 座高:約77cm 身長(推定)154cm 全て実測
ホール装着径 約11.5cm×5cmの楕円形
奥行き約20cm
価格 税込み3,500円前後~
発売年 2017年 メーカー Gプロジェクト
種類 エアーダッチ

Gプロジェクトのエアーダッチ、KUU-DOLL(くうドール)3を取り寄せてみました。今回のポーズはM字開脚タイプで、ラブボディヒナと似たコンセプトのエアーダッチですね。

ただM字の開き具合が少し違っていたり、ヒナは内股なのに対してKUU-DOLL(くうドール)3の足は外向きですし、大胆に足を広げた格好となっていますので、全く同じポーズという訳では無さそうです。ラブボディヒナは、膝や太ももが裂けやすいという弱点がありましたが、似たようなポーズでどれくらい強度が有るのかも気になりますね。

前作のKUU-DOLL(くうドール)2は、まだまだ無骨で女性らしいラインが見られませんでしたが、どれくらい3で改善されているのかも注目ポイントです。透明エアーダッチの覇者ラブボディシリーズに、どれくらい対抗できる製品に仕上がってきたのか、しっかりとチェックしていきたいと思います。

製品をチェックしてみる

amazonの梱包です。

折り畳まれた状態で入っています。他に付属品は有りません。背中の空気口から早速空気を入れてみました。足踏みポンプで大体2分位で膨らみました。

ラブボディヒナより開脚が広めのM字タイプです。ボディラインはお尻がやや大きめの安産型ですが、全体的に細身で上半身は華奢な印象です。前作と比べると格段に女性らしくなっていると思います。

座った時に前後に倒れたりする事無く安定感があります。ヒナですと太ももの付け根辺りが裂けやすいポイントでしたが、果たして強度はどうでしょうか。ミトンのような手はちょっと残念に思います。

おっぱいは小さいですね。おっぱいの部分だけ透明な別素材になっています。ラブボディと同じ作りなので、切開しておっぱいを平坦化させておっぱいグッズを取り付けるのも良いですね。

大口径のホール装着口。くうドールシリーズはホール装着口が大きいのが良いですね。

膝裏も裂けやすいポイントですが、処理もしっかりとしていて見たところ問題無さそうです。

コブシが丸ごと入る位大きい装着口で、素材がくっつきにくいスムーススキン加工なのでホールを装着しやすくなっています。

あまりに大きな装着口だったので、試しにヴィーナスリアルを入れてみましたが、さすがに大きすぎて入りませんでした。でも半分入るだけでも凄いと思います。

エイトロングを装着。奥行きも広く中型ホールなら簡単に装着する事が出来ます。


【使用感】実際に使ってみました。

【スムーススキン素材について】

前作に引き続きスムーススキン素材が使われています。 手触りが良く表面も汚れが付きにくいのでメンテナンスも楽な素材です。

【正常位での使用感】

足の開脚部に身体を割りいれる事が難しいため、覆いかぶさるような正常位は厳しいです。特に足の部分はデリケートですので、体重をかける事はパンクの原因になりますので避けた方良いでしょう。こちらが膝を付いて身体を起こした状態で使う方が無難ですね。いずれにしても、綿入れをしない限り体重をかけない使い方になりそうです。

【騎乗位での使用感】

正常位より問題なく行えるのでお勧めの体位です。女の子がやや倒れこんだ形ですが、挿入角度は申し分有りません。メインとなりそうな体位です。

【対面座位での使用感】

これをする為に作られたようなダッチですので、一番しっくりときます。開脚の足の間に体が入らないので密着感が無いと思いきや、抱きしめると一体感があってとても良いです。きちんと服を着せて、フェイスやウィッグまでそろえると一番興奮出来る体位となるのでお勧めですね。

【バックでの使用感】

バックも一応可能ですが、ポーズ的に安定感が無く使いづらい印象です。お尻を突き出したポーズなので見た目はかなりエロい格好になります。

【ホールポケットについて】

表面がサラサラの加工でホールが装着口内部がくっつかないので、装着がとてもやり易いです。ホール装着口の広さもエアーダッチとしては最大クラスなので、大き目のホールでも楽々装着が可能となっています。

【空気の注入、排出について】

空気の注入時間は2分くらいでした。排出は逆支弁があるので楽ではないですが、ラブボディと同程度の排出速度だと思います。 2で付いていたストローは今回は付属していませんでした。

【総評】

間違いなくシリーズ中最高傑作といった出来だと思います。ボディラインは、ほぼラブボディと言った感じなので新鮮味はそれほど有りませんが、後発ならでは完成度の高さが光ります。

まずホール装着口は完全にラブボディより使いやすくなっています。ホールポケットが大きいので、中型ホール程度でしたら苦も無く装着する事が出来ます。ホールがくっつきにくい素材を使用するなど、かなり装着に関して楽に出来るように考えられているのが好印象ですね。

それから、コスプレさせるのがとても楽しいダッチですね。今まで持っていた服がほとんど着せられるサイズだったのでそれも嬉しいです。女性らしい体のラインになったのも良かったと思います。頭部も有るので、フェイスやウィッグを付ける事も可能です。

弱点はライバルのヒナ同様に、やはり膝、太もも部分の強度でしょうか。M字ポーズの弱点だと思います。ただ、今の所空気漏れや破損したりと言った事はまだ有りません。今後の経過やユーザーレビューに注目していきたいと思っております。

パッケージ画像1
パッケージ画像2

コスプレさせてみた!

おっぱいはおそらくAカップ位なので、ジュニアサイズのブラでないと大きすぎるかもしれません。パンツは大抵のサイズなら着せる事が出来るでしょう。

ラブボディhinaの制服を着せてみました。

ミニスカ スクールギャルというコスチュームを着せてみました。

ジャンパースカートの制服はちょっと大きすぎてブカブカでした。

体操服を着せてみました。


製品名 ミニスカ スクールギャル
販売店
価格 税込み2,300円前後~

製品名 ラブボディHina専用オリジナル制服
販売店
価格 税込み3,800円前後~

製品名 ジュニアスポーツウェアー
販売店
価格 税込み3,000円前後~

えあますく、えあうぃっぐを装着。

頭部のサイズが小さかったので、宇佐羽えあ用のマスク、とウィッグを取り付ける事が出来ました。


製品名 宇佐羽えあ 専用マスク「えあますく」
販売店
価格 税込み2,900円前後~

製品名 宇佐羽えあ 専用ウィッグ「えあうぃっぐ」
販売店
価格 税込み3,100円前後~

その他にカスタマイズしたいポイント

【肌色化させる】

透明の部分を肌色化させる事でよりリアルな見た目となります。足の部分は肌色のストッキングを重ねる事で肌色化は可能ですが、なかなか大変な作業かもしれません。

ラブボディアキにはアキの柔肌という全身肌色化出来るタイツが販売されていますが、ああいうのが有れば一番良いですね。こればっかりはメーカーさんが専用の肌色タイツを作ってくれる事を期待するしかないですね。

⇒アキの柔肌
⇒足を肌色化する

【おっぱいを取り付ける】

ラブボディと同じ作りなので、おっぱい部分を切開して平坦化させる事でおっぱいグッズを取り付ける事が出来ます。 切開せずに見た目をおっぱいらしくしたいなら、つけぱいという製品も良いでしょう。

服越しに揉んだ時におっぱいの柔らかさが有ると、リアルさがアップしますのでお勧めのカスタマイズです。

⇒つけぱい 【ラブボディヒナ専用】
⇒ラブボディアキ(おっぱい取り付け)

【匂いをつける】

抱きしめた時にフワッと香る匂いもリアルさアップの有効な手段です。ウィッグにシャンプーの香りをつけたり、服に香水の匂いをつけたりする事で、より本物感を出す事が出来るでしょう。ただし、あまり匂いをつけ過ぎたり、きつい匂いだと逆効果なので注意しましょう。

⇒匂い系グッズ レビュー

くうドールシリーズ

ご感想募集 ご感想を募集中!

当サイトでは、オナホールのご感想を募集中です。辛口ご意見、管理人のレビューと180度違うレビューも大歓迎です。また、一度ご投稿いただいたホールでも、使っていくうちに違った感想が出てきた場合は再度ご投稿下さって構いません。文章の量は極端に短すぎなければOKです!

お名前(ペンネーム可)
エアーダッチ名
ご感想

送信が上手く出来ない場合は、こちらのフォームからご送信下さい。