詳細検索

無限絶頂 レビュー

小さなツブツブが一杯の小型無次元オナホール。

小さい簡易ホールサイズの無次元系オナホール。内部はツブツブがびっしりの加工が施されている。回転ツブツブ構造の麻田有希タイプと無次元小突起構造の美月タイプの2種類がある。
無限絶頂の商品画像
人気
気持ち良さ
メンテナンス
耐久性
コスパ
販売店
サイズ 全長:11.0cm
メーカー A-One(エーワン) 価格 税込み500円前後~
発売年 2010年 素材名 なし
締り具合 きつい 刺激 普通
匂い 気になる 油っぽさ 気にならない
柔らかさ 普通 裏返し ×
種類 低価格ホール 非貫通式ホール イボ系ホール
管理人レビュー

500円位で買える低価格の小型無次元加工ホール2点を取り寄せてみました。小型の無次元といえば、スーパー小名器というホールがありましたね。その小名器に比べたらベビースキン位の弾力がありますね。素材は柔らかい部類ですが、匂いは粘土臭がありますね。

ホールは2タイプあるのですが、共に入り口は極小サイズなのでくフル勃起させないと入りません。亀頭にローションをタップリ付けて強く押し込む感じで挿入します。素材が柔らかいのですが、小さい穴を押し広げて挿入するのが結構大変で、挿入時に少し痛みを覚えます。

まず「美月」タイプの方を使用しました。芯ズレか無次元加工による構造上の片寄りかは分かりませんが、ボディ中間部位の側面を思いっきり突いてしまい、奥まで挿入出来ません。側面の素材は非常に薄く、挿入した亀頭部が透けて見えるほどです。これはまともにストローク出来なくて、途中で断念しました。

もう一つの「麻田有希」タイプも側面を突いてしまいますが、こっちはやや奥の方まで挿入出来て幾分マシですね。素材が柔らかくて内部が狭くてきついので、つぼみちゃんのようなギュッと締め付けて、こするような摩擦系の刺激が好きな人には合うかもしれません。ツブツブは、ストロークするとプチプチはじける感触があって意外と気持ち良かったです。

無次元加工ですが、内部加工の繊細な起伏をジワジワと味わおう~っていうタイプではなく、キツ系でシゴキ上げる言った表現の方が合っているホールですね。まったり派には不向きだと思います。2タイプのうち、どっちがお勧めか?と聞かれたら「麻田有希」の方が個人的には良かったかな。というより、「美月」の方はまともに使えなかったですが。

耐久性は値段相応です。薄い所は薄皮一枚って感じですので、破れるのは時間の問題だと思います。過度な期待はせず、値段分使えたらラッキーって思う位が調度良いでしょう。

パッケージ画像1

オナホールの詳細画像

パッケージ画像2
無限絶頂 美月
パッケージ画像3
無限絶頂 麻田有希
ご感想を募集中!

当サイトでは、オナホールのご感想を募集中です。辛口ご意見、管理人のレビューと180度違うレビューも大歓迎です。また、一度ご投稿いただいたホールでも、使っていくうちに違った感想が出てきた場合は再度ご投稿下さって構いません。文章の量は極端に短すぎなければOKです!

お名前(ペンネーム可)
ホール名
気持ちよさ
メンテナンス
耐久性
コストパフォーマンス
しまり具合
刺激
匂い
油っぽさ
柔らかさ
裏返し
ホールのご感想

送信が上手く出来ない場合は、こちらのフォームからご送信下さい。