詳細検索
TENGA レビュー

TENGAバキュームコントローラー レビュー

TENGAカップに装着する電動のバキュームコントローラー

TENGAのカップに装着してバキューム効果を生み出す電動アタッチメント。カップの底面にコントローラを装着しバキューム穴から空気を吸い上げる仕組みで、大小2種類のアダプタが付属する。電源は電池式で単四電池4本(別売)を使用する。
TENGAバキュームコントローラーの商品画像
販売店
メーカー TENGA 価格 税込み6000円前後~
発売年 2012年 付属品 アダプター2種
管理人レビュー

TENGAより発売されたバキュームコントローラーを取り寄せてみました。TENGAのカップに装着してバキューム口から空気を吸い上げるという電動グッズで、TENGAらしいインパクトのある商品ですね。対応カップはバキューム対応のシールが付いた物なら使えるということで、別途カップも2本注文しておきました。

届いた物を見てみますと、さすがTENGA箱が非常にお洒落で電化製品のような梱包になっています。アニメ絵のパッケージが多い中、こういったこだわりを感じさせるTENGAのパッケージはかっこよくて良いですね。久しぶりにワクワクしながらの開封作業となりました。

製品にはバキュームコントローラーの本体と、アダプターが2本付属します。カップと電池は付属しないので、別途用意しておく必要があります。カップはUSテンガが付属したパッケージもあるので、USが欲しかったらそっちの方がお得かもしれません。私が買った時は何故か別々に買う方が安かったのでセットは買いませんでした。

単四電池4本を電池ボックスにセットしたら、アダプターにカップを取り付けます。今回はUSテンガで使用感を確かめてみる事にしました。USなので大きい方のアダプターを差し込みます。セット手順はとても簡単で、説明書も付いていますが読まなくても大体分かりますね。

早速勃起したペニスを、バキュームコントローラー付きのUSテンガに挿入してみます。USとはいえ、テンガはやはりきつめなのでフル勃起させないと入っていきません。ぐっと力を込めて押し込むと、ペニスが奥まで入っていきました。ローションの量は充分ですが、挿入しにくい場合はローションを少し継ぎ足した方が入りやすいと思います。

挿入が完了したので、いよいよ吸引スイッチのボタンを押してみます。ブーンっというエアポンプのような音とともに吸引が始まり、入り口のパッドがみるみる中へと吸い込まれてへこんでいきます。動かそうとしますが、吸引力が思ったより強くて、ぴたっとペニスに張り付いているように動きません。

吸引ボタンの下に空気を開放するリリースボタンがあって、これを押すと空気が抜けて動かしやすくなります。最初、吸い込むだけの商品なのかと思っていましたが、リリースボタンが付いているのは良いですね。吸ったり緩めたり、なるほど、バキュームをコントロールしているというのはあながち嘘でもなさそうです。

吸引中はストロークしにくいので、リリースボタンを押している間にストロークして、止まったら吸引というリズムでやっていくと、吸引がアクセントになって良い感じです。吸い込まれる事で、特に刺激がアップするという事はないのですが、何かむにゅっとペニスが動くような吸い付く感触が割りと心地良くて、私は悪くは無いなと思いました。

バキュームはゲルトモや@15のようなバキュームとはちょっと違いますので、それを期待している人には物足りない部分もあるかもしれません。しかし、テンガカップが好きでノーマルに少しアクセントを加えたいと思っている人にとっては、面白い商品かもしれませんね。

TENGAはやっぱり他のメーカーとは一味違う面白い商品を出してきますね。こんな商品思いついても、形に出来るのはTENGAくらいでしょう。小型の掃除機みたいなのをカップに付けるなんて、TENGAでないと生まれなかった製品だと思います。TENGAの物づくりの凄さ、巧みさを改めて感じた製品でした。

オナホールの詳細画像

今回はアマゾンで購入しました。バキュームコントローラーとカップ2本。カップは付いていないので別途購入するか、セットになった限定BOXを買う方が良いでしょう。パッケージは家電製品みたいで相変わらずシャレオツに仕上がっています。

これがバキュームコントローラーの本体です。これをカップに挿して使います。スイッチは丸いボタンが吸引で、その下のボタンが空気を開放するリリースボタンになっています。

TENGAカップを取り付けるアダプターは二種類が付属します。一般的なカップはレギュラーで、大きい方はUSテンガに使用します。。

アダプターの装着はアダプターの出っ張っている部分を目印にして、出っ張りがボタンの下にくるようにカチッと回すと固定する事ができます。
アダプターを外す時は、出っ張りを下へと回してから引っ張ると外れます。
本体の裏側に電池BOXがあります。中央の丸い穴は吸引口です。
電池ボックスはつまみながら引っ張ると外れます。単四電池4本を使用しますが、電池は付いていないので別途用意しておく必要があります。駆動時間がメーカーによると7時間程度のようです。
カップはバキューム対応のシールが付いたものが使用出来ます。シールを剥がしてから、アダプターに差し込んでバキューム口と穴がぴったりと重なるように調整します。
ノーマルのディープスロートカップを装着しました。このサイズはレギュラーのアダプターで装着出来ます。
USテンガを装着しました。こちらはUS用の大きいアダプタを使って装着します。
吸引スイッチをオンすると、ブーンという水槽のエアポンプのような音と共に吸引が始まります。吸引力は中々の物ですね。

ご感想募集 ご感想を募集中!

当サイトでは、オナホールのご感想を募集中です。辛口ご意見、管理人のレビューと180度違うレビューも大歓迎です。また、一度ご投稿いただいたホールでも、使っていくうちに違った感想が出てきた場合は再度ご投稿下さって構いません。文章の量は極端に短すぎなければOKです!

お名前(ペンネーム可)
ホール名
気持ちよさ
メンテナンス
耐久性
コストパフォーマンス
しまり具合
刺激
匂い
油っぽさ
柔らかさ
裏返し
ホールのご感想

送信が上手く出来ない場合は、こちらのフォームからご送信下さい。