詳細検索

TOMEKO(トメコ) レビュー

 東京名器50万個販売で誕生したマスコット、トメコのオナホール。

伝説級名器、東京名器物語50万個販売と共に現れたマスコットキャラクター「トメコ」のオナホール。耐久性がアップした新素材を採用。東京名器と同サイズのボディに、内部は細ヒダ加工が施されている。

TOMEKO(トメコ)
人気
気持ち良さ
メンテナンス
耐久性
コスパ
 
販売店 販売終了しています。
サイズ全長:15cm 重量:255g
メーカーKiss me Love(キス・ミー・ラブ)価格 税込み1,700円前後~
発売年2012年素材名ヤワハダマテリアル
締り具合きつい刺激やや強い
匂い気にならない油っぽさ気にならない
柔らかさ普通 裏返し×
種類非貫通式ホール くぱぁ型の入り口 ヒダ系ホール 販売終了
管理人レビュー

東京名器50万個記念のマスコットキャラクターであるトメコのオナホール、その名も「TOMEKO」が発売されたので取り寄せてみました。このキャラクターはツイッターで話題となったそうで、好きな食べ物や将来の夢など細かな設定まであるようですね。大魔王さんのサイトで詳しく紹介されていました。それにしても質実剛健な東名のパッケージと比べると、TOMEKOは随分可愛らしいパッケージですね。

最近の売れ筋を見ていると、特にパッケージの重要性というものを感じます。こう言うと申し訳ないですが、はっきり言ってイマイチなホールでも、パッケージングの良さで人気になっているホールが有ったり、逆に良いホールなのにパッケージが地味すぎて目立たず、人知れず消えていくホールも多いように思います。これからは、こういった人気キャラ作りというのも、オナホ製作においては大事になってくるかもしれませんね。

さてTOMEKOの素材ですが、東名より若干固くなった感じがする素材ですね。匂いは全くなくなっていて、オイルブリードも全然ありません。サイズ的には東名とほぼ同サイズですね。

入り口はローション漏れを防ぐ、くぱぁ機構になっていてビラビラをめくるとすり鉢状の中心に小さな穴があります。早速挿入してみると、パカッと割れた先の穴は小さいですが、それほど力を入れなくても入っていきます。すり鉢状になっているのが、すぼめた口に入っていくような感触で中々良いです。

内部は奥までヒダ加工ですね。かなりキツめの内部で、手を離すと押し戻されそうになります。ヒダの間隔は結構広めで、ヒダの先も尖ってなくて丸まっている感じのヒダです。これぞ東名というような細ヒダの刺激を期待していたのですが、かなり荒めのヒダで東名のようなきめ細かさがありません。素材の感触も油っぽさがないせいか、ゴムのような人工的な感触です。ヒダは痛くはないのですが、キツ系で刺激が亀頭に集中して強いので、まったり派の人には合わなそうな高刺激タイプになっています。

確かに匂いも無く、耐久性も改善されたのかもしれませんが、東名のモチモチねっとりの素材感が失われているのは残念に思います。ちょっとこの素材はあまり好きじゃないかな。これだったら、臭くてすぐ裂けても良いから東名の方が良いかなって思ってしまいました。

「これはちょっと油抜き過ぎたみたいだね。」「トメコ君もう一度企画からやり直したまえ。」上司風に言うとこんな感じでしょうか。すみません調子のりました。でもトメコプロデュース第一弾と書いてあるので、第二弾以降のトメコさんの活躍に期待しようと思ってます。

東京名器シリーズ


オナホールの詳細画像


ご感想募集 ご感想を募集中!

当サイトでは、オナホールのご感想を募集中です。辛口ご意見、管理人のレビューと180度違うレビューも大歓迎です。また、一度ご投稿いただいたホールでも、使っていくうちに違った感想が出てきた場合は再度ご投稿下さって構いません。文章の量は極端に短すぎなければOKです!

お名前(ペンネーム可)
ホール名
気持ちよさ
メンテナンス
耐久性
コストパフォーマンス
しまり具合
刺激
匂い
油っぽさ
柔らかさ
裏返し
ホールのご感想

送信が上手く出来ない場合は、こちらのフォームからご送信下さい。