詳細検索

温泉欲情2|レビュー

攻撃的なヒダへと進化した無次元スパイラルの大人気オナホール

トイズハートの大ヒット作、温泉欲情の第二弾。新素材ヒトハダマテリアルを採用し、包みこまれる無次元ボテヒダ構造から、高山系ボテヒダへとリメイク。刻まれたヒダは、より高刺激でアタックの強いエッジを効かせたヒダへと改良された。
温泉欲情2の画像
人気
気持ち良さ
メンテナンス
耐久性
コスパ
 
販売店
サイズ全長:約16cm 429g
メーカートイズハート価格 税込み3,200円前後~
発売年2020年 素材名ヒトハダマテリアル
締り具合ややきつい 刺激強い
匂い気にならない 油っぽさ気にならない
柔らかさ柔らかい 裏返し
種類非貫通式ホール 無次元加工 ヒダ系ホール スパイラル構造

ツイートボタン この商品をつぶやく・・・

トイズハートより大人気の温泉欲情の続編となる温泉欲情2が発売されましたね。それに伴い、初代の温泉欲情はこのまま廃盤になると言う話もありますね。既に、販売終了と書かれているショップさんも見られるので本当っぽいですが、真相は分かりません。

ここまで人気がありながらもし廃盤になるとしたら、とても悲しい事ですね。そこには様々な大人の事情が絡んでいるのだと思いますが、とても残念に思います。

何かと話題の温泉欲情ですが、ホットパワーズさんの温泉欲情2のレビューに、面白い事が書かれていました。どうやら、温泉欲情は「マンぼう」というオナホールのパッケージと名前を変えた商品だったそうです。(詳しくははホッパさんの温泉欲情2のレビュー記事でご確認下さい)

マンぼうと言うホールは、大昔レビューした事は覚えているのですが、どういったホールだったのかすぐに思い浮かびません。まさか、そんなはずないよなーと、昔のレビューを読み返してみますと、うん、これ温泉欲情だ。と画像を見て気づく始末です。言われないと気づかないなんてお恥ずかしい限りですが、内部構造の写真やボディ形状などを見る限り、どうやら再販品なのは間違いないようですね。


再販する事自体、何も悪い事だとは思いませんし、こういったケースは多々あるんだろうなと思います。しかし、不思議なのは名前やパッケージを変えただけで、ここまで売り上げに差が出る点ですね。

かたや売り上げが振るわず人知れず消えていった「マンぼう」と言うオナホールと、入手困難になるほど人気が爆発した「温泉欲情」と言うオナホール。どちらも中身は同じなのに・・・。

両者の差を産んだ決定的な要因は一体何だったのでしょうか。

オナホールは、製品の実力も大事だと思いますが、パッケージであったり、ネーミングであったり、販売時期のちょっとしたタイミングの差であったりと、様々な要因が複雑に絡み合って、売れたり売れなかったりするのかもしれません。今回のマンぼうの話を聞いて、改めて奥が深いなと考えさせられました。



管理人レビュー

ボディは16cmあり初代の温泉欲情と同じ長さですが、胴周りは2の方が太くなっており、後半部分もしっかり肉厚になっています。素材のヒトハダマテリアルは、既に@イチゴでも触っていますが、手触りが本当に女性の柔肌という感じでリアルさがありますね。

ヤワハダマテリアルの良さは油分をあまり感じさせない所で、触って手もサラっとしています。匂いは鼻を近づけると若干粘土臭がありますが、気になるほどではありません。

入り口は約1cm程で、やや狭い穴となっています。穴は1.5cmほど続いていて、中を覗くと3つの太いボテヒダが見えます。ボテヒダの山がかなり大きく、3辺で挟み込む形となっているので、締め付けが相当強そうな構造だなと感じました。

早速ローションを流し込み挿入してみます。狭い穴なのでしっかりと勃起させてから中へと押し込みます。予想通り挿入するとすぐに、ボテヒダの山がペニスの周囲を圧迫してきます。ヒダ山がかなり高く3方向からの圧迫をしっかりと感じながら奥へと押し進めていきます。

奥の方で大きかったボテヒダが小さいボテヒダへと切り替わり、この時にコリっとした引っ掛かるような段差を感じます。ゆっくりと動かしてみると、ヒダの刺激がとてもクリアに伝わってきます。ヒダの刺激は、ヴァージンループのようなジョリジョリというきめ細かい感じではなく、ゴリゴリとしたネジ山のような荒々しいヒダの刺激です。

ボテヒダのスパイラル感はよく出ていて、ねじ込まれていくような挿入感があります。さすがに良い構造だなと思いますね。しかし、しばらく動かしているとヒダの刺激が段々痛くなってきます。圧迫された状態でヒダのゴリゴリが続くので、亀頭に容赦なく刺激が集中して、続けて使うと気持ち良さと同時に痛さも感じてしまいました。

初代の温泉欲情は、もっとヒダが潰れていて、こんなにゴリゴリとした刺激ではなかったので、まったり派の私でも使えるバランスでした。しかし2はかなりの高刺激タイプにシフトしていて、長時間まったり使えるようなタイプではなくなっていました。

@イチゴだとそんなに固いとは思わなかったヤワハダマテリアルも、このボテヒダ構造だと、なんか固く感じてしまいますね。初代のベビータッチの方が、もう少し内部が柔らかくなっていて、肉の掻き分け感もしっかりとあったように思います。

初代は、万人受けするタイプだったと思いますが、今作では刺激好きな方向けのホールかなぁという印象ですね。前作の刺激では物足りなかったという方には朗報ですが、私のようなまったり好きの方の中には、今作だと刺激が強過ぎると感じる方もいると思います。


温泉欲情2の詳細画像

  • 取り寄せた大人のおもちゃ通販大魔王の梱包画像です。最近の大魔王さんは新作の入荷も早くなり、とても利用しやすくなっています。今回のトイズハートの新作2本ともバッチリ入荷されていて無事購入出来ました。

  • 16cmと標準的なサイズながら、429gと重量感のあるボディです。ヒトハダマテリアルになって素材密度が高い為でしょうか。

  • 初代の温泉欲情は、後半シェイプされて細くなる形状でしたが、2ではそれほど細くなく奥まで肉厚です。

  • シンプルな丸い入り口で一本スジが入っています。直径は1cmと少し小さめの穴です。


前半戦はライドの萌え穴トリニティのように、三辺のヒダ山に挟みこまれるような見た目となっています。


半分裏返してみました。途中から細いヒダ山に切り替わって高低差がつけられています。


ボテヒダと呼ばれるヒダ山には、初代とは違いエッジの効いたヒダが、まるで魚の背骨のように刻まれていますね。ボテヒダ以外の壁面はツルツルになっています。


挿入すると3辺からの圧迫感と同時にヒダのゾリゾリが亀頭に集中して伝わってきます。


捻りがかなり強くて、ねじ込まれるような感触があります。さすがヒット作の構造だけあってスパイラル感は凄いですね。


バキュームは内部に空間のあまりない無次元構造のせいか、ほとんどかかりませんでした。

温泉欲情2のおすすめメンテナンス方法

  • 裏返せるホールですが、入り口が狭いので珪藻土スティックやPVAスポンジを使って水分を吸い取らせるのも手です。

    珪藻土スティックは、構造的にボテヒダの谷の部分が吸い取り難いので、揉める分PVAスポンジの方が吸い取りやすかったです。

  • ホールの除菌にも使えるアルコエースで除菌します。ジェルですが手に取るとさらっと消えてべた付きがありません。


ホットパワーズのおもちゃ袋は中サイズがぴったりでした。


ヒトハダマテリアルはベタ付きは今の所ありませんが、洗浄後のパウダーとメンテナンスキットなどがあると便利だと思います。

製品名 PVAスポンジSTICK
販売店
価格 税込み216~324円

製品名 アルコエース ジェルタイプ
販売店
価格 税込み880円前後~

温泉欲情2に似た特性を持つオナホール

初代温泉欲情は、ヒダがねっとりとしていて潰れている感じのヒダだったので、まったり派の私でも楽しめる優しいヒダの刺激でした。

2になってヒダがエッジを効かせてあるので、とにかくゾリゾリが強いです。スパイラル構造とあいまって、亀頭にゾリゾリが集中するので、刺激好きの方向きのホールと言えるでしょう。

このタイプは、既出感のある刺激で、探せば似たような刺激のホールは結構あるように思います。

ヒダのゾリゾリ感が似ている杭打ちピストンや、リリスのスパイラルウェーブもレギュラーハード辺りを選べば、近い刺激になるように思います。萌えあなトリニティハードは、三辺で挟み込む構造になっていて、挿入時の圧迫感が似ているように思います。こういったホールが好きな方でしたら、合う可能性が高いのではないでしょうか。


ヒトハダマテリアルの硬度はどれくらいか?


ホットパワーズ素材の硬度一覧

素材の柔らかさをお伝えするのに、単に柔らかいや固いと言っても、それぞれ個人の基準でバラバラなので、正確に伝える事は難しいです。そこで実験的な試みとして、ホットパワーズの綺麗に分けられた硬度別の素材の力を借りて、お伝えしてみたいと思います。

私は、鬼以外の硬度は一応全て保有していますので、このホールは、この硬度に近いと言った感じでお伝えしてみょうと思います。この方法をもってしても、素材によって粘りや特性が違い、素材の大きさなどによっても揉んだ感触の感じ方が微妙に変わってきますので、正確にお伝え出来るかと言えば、不安定な部分があるので何とも言えません。あくまで、一つの参考資料としてご覧いただければ幸いです。


新素材ヒトハダマテリアルをバンジータッチと比べてみました。柔らかさに関してはバンジータッチの方が柔らかく感じますね。

ヒトハダマテリアルは、もう少し弾力があってしっかりとした素材です。どちらもサラサラですが、ヒトハダマテリアルは本当の人肌のような感触を忠実に再現しようとしています。


ライドのフリッカーズチョイスで使われていたベビータッチ素材と触り比べてみます。トイズハートのベビースキンと似た名前ですが、ライドの素材です。

ベビータッチは、比較した素材の中では一番ヒトハダマテリアルの質感に似ていました。柔らかさは若干ベビータッチの方が柔らかい気がします。


@15にも使われていたセーフスキン使用のR-18と比較してみました。

柔らかさはほとんど同じ位に感じますね。だだ質感は違っていて、セーフスキンの方が油分が少ないというか、ゴム感があります。ヒトハダマテリアルは、しっとりとしていて、水分というか潤いのような物を感じます。個人的にはヒトハダマテリアルの感触の方が、ねっとり感もあって好みです。


ヒトハダマテリアルは、ホットパワーズの定番(0)(バンジータッチ相当)より若干固めに感じました。

なので一段硬度を上げて比べてみると、大体同じ位の硬さに思えました。よって、温泉欲情2は硬(+1)相当の硬度であると感じます


パッケージ画像1
パッケージ画像2
ご感想募集 ご感想を募集中!

当サイトでは、オナホールのご感想を募集中です。辛口ご意見、管理人のレビューと180度違うレビューも大歓迎です。また、一度ご投稿いただいたホールでも、使っていくうちに違った感想が出てきた場合は再度ご投稿下さって構いません。文章の量は極端に短すぎなければOKです!

お名前(ペンネーム可)
ホール名
気持ちよさ
メンテナンス
耐久性
コストパフォーマンス
しまり具合
刺激
匂い
油っぽさ
柔らかさ
裏返し
ホールのご感想

送信が上手く出来ない場合は、こちらのフォームからご送信下さい。

温泉欲情2|口コミ、ユーザーレビュー

くぬん様の評価
気持ちよさ 3点 メンテ 7点
耐久性 7点 コスパ 1点
しまり具合 ややゆるい 刺激 弱い
匂い 気にならない 油っぽさ 気にならない
柔らかさ 普通 裏返し
初代に比べてエッジがなくなり
単調になり丈夫になった
続編は失敗が多いのは仕方ないけど
これで初代が生産しなくなるのはちょっと頂けない
素材は凄くよくなったので形そのままで温泉1をリニューアルしたほうがよさそう
送信日時 : 2020/09/16(Wed)