詳細検索
おっぱいグッズ

おっぱいグッズの固定方法|おっぱい固定用チューブトップの使用例

手軽におっぱいを固定出来るグッズを試してみた

おっぱい固定用チューブトップを使った固定方法。エアーピローに着せるだけで大型のおっぱいグッズが装着可能となる。LサイズとXLサイズがあり、今回両方を使って固定を試してみた。

おっぱい固定用チューブトップでおっぱいグッズを固定

インサートエアーピローシリーズなど、カバーを着せるだけで楽しめるエアーピローが最近は主流になってきました。このエアーピロー、表面が平らなのでおっぱいグッズを乗せるのに調度良いんですよね。

しかし、何も固定しないでただ置いただけですと傾けるとずれてきてしまいますので、寝かせた状態でしか楽しめないのが欠点でした。何か良い固定方法がないか探していたところ、ホットパワーズでおっぱい固定用チューブトップというグッズが発売されていたので、これだ!と思い早速取り寄せてみました。

固定に用いたグッズ おっぱい固定用チューブトップ L XL
販売店
価格 税込み880円前後~

さすが巨乳グッズを手がけるショップだけあって、ユーザーからのそういった声というのが恐らく届いていたのでしょう。でないと、こういうニーズがあると言う事は中々分かるもんじゃありません。

このチューブトップを使うと、大型のおっぱいグッズをエアーピローに取り付ける事ができます。筒型のトップスなのでピローに通すだけでよく、装着が非常に簡単なのも良いですね。

今回このチューブトップを使って、私のお気に入りおっぱいグッズコレクション達が上手く固定出来るか試してみました。各グッズの取り付けポイントや、見えてきた問題点なんかも合わせてご紹介させて頂きます。それではご覧下さい。

取り付けに使用したエアピロー


エアーピローにBusty-Eve(おっぱいイヴ)を固定

チューブトップを使って、オイルブリードがほとんど出ないシリコンを使ったおっぱいグッズ、Busty-Eve(おっぱいイヴ)をインサートボディピローに固定します。

Busty-Eve(おっぱいイヴ)は柔らかさこそ、同社のおっぱいアイちゃんに劣るものの、その型崩れしにくい美しい造型と、メンテナンス性の良さなどからとても扱いやすく、おっぱいグッズの初心者さんでも気軽に楽しめるグッズだと思います。

XLサイズのチューブトップを使って固定しました。装着はとても簡単で、傾けてもズレずに上手く固定する事が出来ました。







固定したおっぱいグッズ

エアーピローにズリってホッパイ!チチフエタを固定

続いてはホットパワーズを代表するヒット作、ズリってホッパイ!チチフエタを固定してみます。ロケットバージョンが発売されて、大きさこそそちらに譲りましたが、それでもこのおっぱいグッズ、相当でかいおっぱいグッズです。

このグッズは、程よい柔らかさと弾力があり、おっぱいを揉みしだく事が大好きな人にお勧めしたいおっぱいグッズで、とにかくいつまでも揉んでいたくなるような揉み心地が特徴であり、人気の秘密となっています。

チューブトップXLを使って固定してみました。かなり大きいグッズで苦戦するかと思いましたが、素材の伸縮性が高く上手く固定する事が出来ました。

寝かせて置く分には全く問題なく使えますし、パイズリの安定性が間違いなく向上します。

傾けても暫くは固定された状態を保ってくれます。ただし激しく揺らしたりすると、この重量ですので、徐々におっぱいの位置が下へとずれてきてしまうので、そこは注意が必要です。






固定したおっぱいグッズ

エアーピローにBusty-Aichan(おっぱいアイちゃん)色白Verを固定

次は世界3大柔らかい物質の一つに数えられる(嘘です)みんな大好きおっぱいアイちゃんですね。その圧倒的な柔らかさと見事な造型に、発売以来大人気となっているおっぱいグッズです。

オイルブリードがあるのと、柔らかくて大きなグッズなので保管が大変ですが、それを補ってあまりある至福の時を与えてくれる夢のおっぱいグッズです。私も非常に好きなグッズで長年大切に使用しております。

取り付けはXLのチューブトップを使用しました。サイズ的にもぴったりと収まってくれて固定具合も申し分ありません。チューブトップごしに揉んでも柔らかさを味わえるので、オイルブリードが気になり、あまり触りたくない人にもお勧め出来る固定グッズですね。





固定したおっぱいグッズ

エアーピローにMarshmallow Tits(マシュマロティッツ)を固定

オイルブリードをほとんど出さないシリコン製のおっぱいグッズとして、Busty-Eve(おっぱいイヴ)と同時に発売されたのがこのMarshmallow Tits(マシュマロティッツ)です。Busty-Eve(おっぱいイヴ)と比べると、どうしても影に隠れてしまいがちですが、実はそんな事は無い非常に隠れた名作でもあります。

このグッズの特徴は、他のグッズと違い左右のおっぱいが分離している点です。おっぱいは土台もないので、エアーダッチのコスプレにも仕込みやすく、初心者さんでも扱いやすいグッズだと思います。

大きさも、小さいんじゃないか?と思われがちですが、実はそこそこの大きさがあって、巨乳ではないですが、揉み応えも悪くありません。個人的には色合いがちょっと日焼けした小麦色の感じなので、もう少し白いタイプもあれば更に良いなと思っています。

取り付けはLタイプのチューブトップを使用しました。サイズ感は大き過ぎず小さ過ぎずで、取り付けは全グッズの中で一番簡単でした。使用中のズレも少なく、チューブトップの上で固定したり、下で固定したりと色々な固定方法を試す事が出来ます。








固定したおっぱいグッズ

エアーピローにチチフエタ ロケットを固定

最後は巨乳ファンの皆様お待たせしましたチチフエタ ロケットですね。ただでさえ大きいチチフエタなのに、ロケットバージョンとなると、本当に規格外の大きさを誇ります。ロケットおっぱいと呼ばれる、素晴らしい造型と圧倒的な肉感で、パイズリ性能で右に出るグッズはないでしょう。

もともとこのグッズは平置きで使う事は想定しておらず、他のグッズと違い、立てて置くのが正解です。しかし、どうしても寝かせた状態で固定したいというのなら、チューブトップのようなグッズに頼るしか無さそうですね。

当然XLのチューブトップで固定してみましたが、素材が限界まで伸びきり、ギリギリ固定出来たという感じで、インサートボディピローに固定するには、ちょっとサイズが小さかったですね。

このチューブトップは綿詰めのダッチを前提に作られているようなので、空気をパンパンに入れたエアピローならきつくなるのは当然と言えば当然の結果でしたね。

結果は何とか無理をすれば、ギリギリ使える感じですかね。いや、これだけでも立派ですよ。なにしろ、土台の厚みも凄まじいですから固定が大変なグッズなのは間違いありませんし。

しかし、少しでも傾けるとこの超重量級のおっぱいの重みでズレてしまうので、固定が完璧に成功したとまでは言えません。今後の課題ですね。

サイズ的にはこれより更に大きいXXLがあれば、楽に固定出来そうですが、今より固定力が緩くなると言う事でもあるので、そうなるとこの重量を支えられないんじゃないかなという問題もあります。

ですのでロケットに関しては、チューブトップではなく、別の固定方法を考えていく必要があるかもしれません。ホッパさんのページを見ますと、その事はよく認識されているようで、更なる実験をしていくそうです。巨乳グッズに関して飽くなき挑戦を続けるホッパの動向に注目しつつ、続報を期待して待ちたいと思います。





固定したおっぱいグッズ

※この動画はインサートボディピロー エア本体の動画と共通の動画です。