詳細検索

LINE LIVE(ラインライブ)|レビュー

2本のLINE(ライン)を配置した裏スジ特化オナホール

ライドの定番バンジータッチ素材を使用したオナホール。やや細身なボディ内部には、縦ヒダ2本を小高く配置し、裏スジに刺激が集中するように設計されている。
LINE LIVE(ラインライブ)の商品画像
人気
気持ち良さ
メンテナンス
耐久性
コスパ
販売店
サイズ 全長:約16cm 351g
メーカー RIDE(ライド) 価格 税込み2,100円前後~
発売年 2020年 素材名 バンジータッチ
締り具合 普通 刺激 やや強い
匂い 気になる 油っぽさ 気にならない
柔らかさ 柔らかい 裏返し
種類 非貫通式ホール ヒダ+イボ 縦ヒダ

ツイートボタン この商品をつぶやく・・・

2020年、久々にライドから発売されたのは、うらすじをコンセプトにしたオナホールです。テーマの「うらすじ」ですが、これ自体は2018年に一度、ホッパとライドが同時期に同テーマで発売していた時がありましたね。。

2018年に発売されたのは、ホットパワーズの「触手裏剣 すじズリ」とライドの「うらすじデラックス」の2本です。この2本は、どちらも裏スジに当たる部分のギミックに固めの素材を使用しており、正に裏スジへの刺激アップを狙った構造となっていました。


2018年発売の裏スジ特化ホール2本

どちらも試しましたが、どちらも裏スジへの刺激がしっかりと伝わってきて、私は結構好きなホールでした。

市場での評判がどうだったのか気になるところですが、それなりの評価は受けていたホールだったように記憶しています。やはり裏スジ特化というドストレートなテーマが、ユーザーには分かり易く、伝わりやすいと言う事なのでしょうか。

またしても同じテーマに挑むライドですが、今回のライドは裏スジギミックに固い素材を使用しません。バンジータッチのみの1層で、裏スジに刺激が集まるような構造で勝負してきました。さすがライド同じような事を2度はしませんね。早速、どんな製品なのか、じっくりと試していきましょう。



管理人レビュー

素材はライドの定番素材であるバンジータッチですね。適度な柔らかさと、サラサラで耐久性もある高品質な素材ですが、今回のホールに感しては。あれ?っと感じる事があります。

まずボディ全体のサラサラ感がいつもより少なく、最初から数回洗った時位にベタついた感じがあります。出荷時で製品にパウダーをかけて、サラサラにすると思うのですが、今回のはそのパウダーが少なかったのか、ライドらしくないベタ付き感がありました。

そして、それよりも気になったのが、このホールを箱から出してから感じる、ガソリン臭さです。何と言うかガス漏れの時に漂う、ガスのような匂いがするんですよね。私的にはライドのホールは匂わないという固定概念があるので、まさかホールから漂ってるとは思いもせず、思わず台所へ行ってガスが漏れてないか確認してしまいました。

しかし、暫くして原因が分かりました。匂いはこのホールからでした。匂いは表面からではなく、裏返して裏の匂いを嗅ぐと、ガスそのもののような匂いがします。うーん、ライドのホールでこんなに臭かった事は無かったので、今回のホールはどうしてこうなったのだろうって感じですね。

気を取りなおして、実際に使ってみる事にします。入り口からローションを流し入れ、よく揉んで馴染ませてから挿入します。ゆっくりと亀頭を押し込むと、特にひっかかるような事もなく、すんなりと亀頭が入っていきます。

内部の締まりは普通位で、押し戻してくるような感じはありません。ゆっくりと押し進めますと、肉を掻き分ける感触が伝わってきます。裏スジに当たるヒダですが、思ったほど当たっている感じはなく、そう言われればヒダのゾリゾリがあるかなぁという位の感じですね。

裏スジ特化という事で、もっと分かり易く裏スジに刺激がくると思っていましたが、意外と刺激は普通で、言われないと裏スジ特化である事が分からない位に普通の刺激です。

肉厚もそれほどないので、掻き分け感、ヒダのゾリゾリ感、共に平均的な刺激ですね。よくあるヒダホールの刺激で、終始ゾリゾリとした刺激が絶え間なく続き、バキュームもほとんどありません。

素材の感触は柔らかく、決して悪い構造ではないと思うのですが、いつものライドのホールの出来を考えると、あまりに平凡でありきたりな刺激に思えて、個人的にはかなり物足りなさがありました。

素材の匂いであったり、ベタ付きであったりという部分も、たまたま悪いロッドに当たったという可能性もありますが、総じてライドらしくないと言いますか、いつもの良さがあまり感じられないホールでした。

LINE LIVE(ラインライブ)の詳細画像

NLSで取り寄せました。黒いビニールで覆われており、箱を開封されてもすぐに商品が見え無いように工夫されています。

重量は351gで、全長は16cmのホールです。

バンジータッチを使用した2000円台前半のホールですが、ちょっと細身で中途半端なサイズ感です。

直径約1cmのシンプルな丸い穴の入り口です。スジが一本あり、スジ側が上面になります。

開くとまるでフェラホールのような内部です。下部のヒダが舌のように盛り上がっており、上面はイボやシワのテクスチャーとなっています。

裏スジを刺激するヒダは、2本の縦ヒダが繋がっていて、ちょうど裏スジにくるように配置されています。

裏スジを強調する為か、上面にはシワのような細かいテクスチャーが施されていて、ジワジワくるような低刺激設計となっています。

スジを上にする事で、しっかりと裏スジにヒダ部がくるようになっています。締まりは普通で掻き分けるような挿入感でした。

やはり実際挿入してみても350gの本体は、ライドの製品としては肉厚が少し物足りない感じです。


LINE LIVE(ラインライブ)のおすすめメンテナンス方法

内径もそこそこあり、素材も丈夫なので問題なく裏返せます。今回は珪藻土スティックの出番は無さそうですね。洗浄後、裏返してしっかりと吸水タオルで拭き取りました。

いつものライドのバンジータッチと比べると、ややべた付く感じで、出荷時のパウダーがいつもよりかかっていないように感じました。洗浄後、パフでパウダーを塗布してやると、いつものようなサラサラ感が出て手触りも良くなりました。

洗浄後は、消毒スプレーをかけておくと良いでしょう。今回はリンピアールを使用しました。

メンテナンスが終わったら、次回使用までにブリスターケースやジップロックに入れるか、おもちゃ袋にしまって保管しましょう。ホッパのおもちゃ袋だと、中サイズにぴったりと収まります。


製品名 Limpiar(リンピアール)
販売店
価格 748円(税込)

製品名 オナホ収納袋キンチャック
販売店
価格 税込み216~324円

LINE LIVE(ラインライブ)に似た特性を持つオナホール

ラインライブを使っていて、何か構造が似たホールがあったなと思っていたのですが、思いだしました。ホットパワーズのクチパコ姫の構造ですね。クチパコ姫も2本の縦ヒダが付いていて、こちらを下にすると裏スジに2本のヒダがきます。

ただ、クチパコ姫の方が縦ヒダ2本の間隔が広く、裏スジを添っていく感触はこちらの方が上だと感じます。

LINE LIVE(ラインライブ)の硬度はどれくらいか?


ホットパワーズ素材の硬度一覧

素材の柔らかさをお伝えするのに、単に柔らかいや固いと言っても、それぞれ個人の基準でバラバラなので、正確に伝える事は難しいです。そこで実験的な試みとして、ホットパワーズの綺麗に分けられた硬度別の素材の力を借りて、お伝えしてみたいと思います。

私は、鬼以外の硬度は一応全て保有していますので、このホールは、この硬度に近いと言った感じでお伝えしてみょうと思います。この方法をもってしても、素材によって粘りや特性が違い、素材の大きさなどによっても揉んだ感触の感じ方が微妙に変わってきますので、正確にお伝え出来るかと言えば、不安定な部分があるので何とも言えません。あくまで、一つの参考資料としてご覧いただければ幸いです。

ライドのソフティータッチ素材を使用した、ふわひだヴァージンループストロングピッチと比べてみました。

バンジータッチは、そこそこ柔らかいのでホッパのクチパコ姫の柔(-1)と比べてみましたが、僅かにクチパコ姫の方がふんわりとしていて柔らかく感じました。。

そこで一段硬度を上げて定番(0)の乱れ膣ベロと比較してみますと、ふんわり感や押し込んだ指の感触がとても似ているように感じました。

よって、私的には今回のバンジータッチの硬度は、定番(0)相当であると感じました。


パッケージ画像1
パッケージ画像2

ご感想募集 ご感想を募集中!

当サイトでは、オナホールのご感想を募集中です。辛口ご意見、管理人のレビューと180度違うレビューも大歓迎です。また、一度ご投稿いただいたホールでも、使っていくうちに違った感想が出てきた場合は再度ご投稿下さって構いません。文章の量は極端に短すぎなければOKです!

お名前(ペンネーム可)
ホール名
気持ちよさ
メンテナンス
耐久性
コストパフォーマンス
しまり具合
刺激
匂い
油っぽさ
柔らかさ
裏返し
ホールのご感想

送信が上手く出来ない場合は、こちらのフォームからご送信下さい。

LINE LIVE(ラインライブ)|ユーザーレビュー

この製品のユーザーレビューはまだありません。