詳細検索

ぷにひだマフィア

波打つ縦ヒダ構造のオナホール

定番素材バンジータッチを使用したライド製オナホール。先が尖った複数の縦ヒダを波状に配置。高さのあるギザヒダが揺らぎ、ペニスに纏わりついてくるように設計されている。
ぷにひだマフィアの画像
ぷにひだマフィアのレーダーチャート
人気
気持ち良さ
メンテナンス
耐久性
コスパ
 
販売店
サイズ全長:約15.5cm 318g(実測)
メーカーRIDE(ライド)価格 税込み1,800円前後~
発売年2022年 素材名バンジータッチ
締り具合普通 刺激やや強い
匂い気にならない 油っぽさ気にならない
柔らかさ柔らかい 裏返し
種類非貫通式ホール ヒダ系ホール 縦ヒダ

ツイートボタン この商品をつぶやく・・・

ヒダ系ホールを得意とするライドから発売された「ぷにひだマフィア」ですが、既に発売されて人気となっているカオスターンと似ていますね。

恐らく比較されていくであろう両者を改めて比べてみると、似て非なる物だと気が付きます。まず全長はそれほど変わらないのですが、カオスターンの方が80gほど肉厚です。

ぷにひだマフィアと悪魔快楽 カオスターンの比較
ぷにひだマフィアと悪魔快楽 カオスターンの比較

そして構造は一見似て見えるのですが、カオスターンの構造はギザヒダの山がブロック状で厚みがあるので、厚切りベーコンのようです。構造的には縦ヒダというより掻き分け感のある無次元構造のようになっています。

一方のぷにひだマフィアのギザヒダは先が尖った山となっており、縦ヒダをうねらせた形となっています。構造的には触手裏剣に近い縦ヒダで、波打たせる事で刺激にアクセントをつけています。

さすが、ヒダ系ホールに定評のあるライドと言った感じで、似たホールを連発しているようで、実はかなりテイストの違う両者だと思います。果たしてぷにひだマフィアは、カオスターンのようにヒットするのでしょうか?早速見ていきましょう。


管理人レビュー

最近のライドはバンジータッチの使用率が高いですね。しかし、今回のバンジータッチはいつもより少しだけ柔らかめに感じます。何か表面のザラザラとした加工も無くなって、ツルンとした表面なので余計に柔らかく感じるのかもしれませんが。

ボディサイズは16.5cmで318gと細身です。現在ヒット中のカオスターンが400g位ありますので、この細さで大丈夫なのかという一抹の不安がよぎります。バンジータッチですので、当然匂いやオイルブリードはほとんど気になりません。

手に取ってみるとやはり細いなと感じますね。長さは普通サイズなんですが、持った底の方がプルプルと揺れています。コントロールしにくい感じではありませんが、もう少し肉厚が有った方がやはり持ちやすいかなとは思います。

入口は女性器タイプの入口で、中心部に約1.5cm程度の丸い穴が開いています。ローションポケットなどはなく、直ぐに構造が始まるタイプで、穴を覗くと山型に尖った縦ヒダが見えます。

早速内部へとローションを流し込み挿入してみます。半勃起程度でも入りそうだったので、無理やり押し込んでみると亀頭がすんなりと入ってくれました。少し動かしてみると柔らかい感触が心地良く、みるみる勃起してくるのが分かります。

ゆっくり押し進めると、縦ヒダがくすぐるようにペニス全体に絡みついてきます。無次元のような挿入感だったカオスターンに対して、こちらは縦ヒダをしっかりと感じる蝕手裏剣に似た挿入感に感じます。

ストロークしてみますと、縦ヒダのくすぐるような感触に混じり、ジョリっとしたヒダの刺激も伝わってきます。ヒダの刺激は細ヒダですが、ジーンと熱くなってくるようなヴァージンループのヒダとは違い、もう少しマイルドなヒダ刺激になっています。

肉薄なのが気になる点でしたが、感触はとても心地良く、イボ感の強かったカオスターンと比べて、こちらは正にヒダホールと言った感じがあり、個人的にはこちらの方が好みの感触でした。

刺激のレベルはやや強めですが、内径にゆとりがあるせいか、そこまで強過ぎる事も無く、まったり派の私でも気持ち良く使えるレベルの強さに収まってくれています。

触手裏剣のようなまとわりついてくる縦ヒダが好みの方なら、この縦ヒダは合うと思います。波型になっていますが、そこまで強い刺激にはなっていないので、かなり幅広い層に合う刺激レベルのホールだと思います。

ぷにひだマフィアの詳細画像

  • 取り寄せた大人のおもちゃ通販大魔王の梱包画像です。

  • 全長16.5cmで重量318gと細身で軽量なハンドホールです。

  • 素材はライドの定番素材バンジータッチが使われています。表面はいつものゆず肌のような加工はなく、ツルンとした表面となっています。

  • 入口は女性器を模した半リアルたいぷで、約1.5cmの穴が開いています。

  • 内径は割と広めに取られていて、奥まで同じ幅で続いています。

  • カオスターンと違って山型になっていて先が尖った縦ヒダです。蝕手裏剣タイプの縦ヒダですが、波型になっているのが特徴的ですね。

  • 入口も広めで半勃起程度でも何とか押し込めます。挿入は実にスムーズです。

  • 空気を抜いてみましたが、残念ながらバキュームはほとんど感じられませんでした。


ぷにひだマフィアと電動オナホールの相性

    細身のホールなので、A10シリーズ、handy、KEONとどの電動ホールにも装着出来そうです。

  • A10サイクロンSAのケースに収めてみました。残念ながら細すぎて傾けるとホールが出てきます。詰め物をしないと固定はちょっと難しそうです。

  • A10ピストンシリーズのケースに収めてみました。サイズ的にはぴったりです。

  • A10ピストンBASICに装着してみました。蓋をつけても動作可能で、きつさもそれほどなく、低速でもまったりと楽しめます。

  • A10ピストンSAに装着してみました。使用したローションは、新しく出た半熟サキュバス魔改造ローションの洗い不要タイプです。

    ローションのおかげか、ケースの程よい圧迫感のおかげかは分かりませんが、ハンドホールとして使った時ほどの刺激の強さは感じず、まったりとしていて気持ち良かったです。

    感触はくすぐるような高さのある縦ヒダが蝕手裏剣に似ていると感じました。

    カオスターンはサイクロンSAに合うと思いましたが、ぷにひだマフィアはピストン系と相性が良いように思います。




パッケージ画像1
パッケージ画像2
ご感想募集 ご感想を募集中!

当サイトでは、オナホールのご感想を募集中です。辛口ご意見、管理人のレビューと180度違うレビューも大歓迎です。また、一度ご投稿いただいたホールでも、使っていくうちに違った感想が出てきた場合は再度ご投稿下さって構いません。文章の量は極端に短すぎなければOKです!

お名前(ペンネーム可)
ホール名
気持ちよさ
メンテナンス
耐久性
コストパフォーマンス
しまり具合
刺激
匂い
油っぽさ
柔らかさ
裏返し
ホールのご感想

送信が上手く出来ない場合は、こちらのフォームからご送信下さい。

ぷにひだマフィア|口コミ、ユーザーレビュー

この製品のユーザーレビューはまだありません。