詳細検索
電動式オナホール

A10ピストンSA レビュー

国内最高峰の開発陣が完成させた夢のピストン式電動オナホール

A10ピストンを手がけた開発メンバーが、5年半の歳月をかけて完成させた夢のピストン型電動オナホール。度肝を抜く近未来的なボディの内部には、大型インナーホールを多彩なパターンで動かす為の最新技術が惜しみなく導入されている。肉厚な専用ホール、VORZEスムースローションが付属する。
A10ピストンSAの商品画像
人気
気持ち良さ
メンテナンス
耐久性
コスパ 10

この製品の最大音量は75.7dB

販売店
サイズ 全長:約35.5cm 2350g
メーカー RENDS(レンズ) 価格 税込み42,984円
発売年 2018年 素材名 なし
締り具合 普通 刺激 強い
匂い 気にならない 油っぽさ 気にならない
柔らかさ 柔らかい 裏返し
種類 電動オナホール ケース使用型

※評価は付属ホール使用時での評価となっております。

ツイートボタン この商品をつぶやく・・・

管理人レビュー

去年の秋頃にツイッターにて公開されていた新型のA10ピストン機が、ついに発売されましたね!今年は出るんじゃないかと、今か今かと心待ちにしていた方も多いんじゃないでしょうか。私もその一人で、嬉しさとワクワク感が止まりません。何と言っても電動オナホールの本命である、ピストン機ですからね。最近では中国製の電動ホールが市場を席巻していますが、日本製の底力を見せつけてもらいたいものです。

サイト情報では開発に5年半を費やしたと言う事で、多額の予算と多くの人が動いている製品です。私も心して、いつも以上にしっかりとその出来栄えを見定めたいと思っております。最新テクノロジー満載の新型A10ピストン、早速詳しく見ていく事にしましょう。

どんな梱包で送られてくるか

NLSの梱包画像です。ダンボールはかなり大きくて大型据え置きホール並みのサイズです。

箱から出してみました。付属品は専用ホール(クローバー)と充電器(アタッチメント4種)スムースローション、説明書となっています。


A10サイクロンSAと大きさを比較してみた

A10サイクロンSAと同じく、白のおしゃれな箱に入っています。
比較の為、並べてみました。めちゃくちゃ大きいですね。

奥行きの差は若干ですが、横幅が1.5倍位ありそうです。入り口も一回り大きいです。


製品をチェックしてみる

「性家電」という表現がぴったりな洗練されたデザインなので、これが電動ホールだとは普通の人には分からないでしょうね。

ブルーが鮮やかな入り口部分。キャップは円形ではなく、イカのような独特の形状です。

横から見てみました。後ろが大きく膨らんだ形をしています。

後ろはこんな感じとなっていて、充電器のジャックが有ります。

充電器で約5時間でフル充電出来ます。連続可動は120分だそうです。

世界販売を視野に入れている製品だけあって、交換プラグがこんなに付いていました。

電動ホールに特化させたローション、VORZEスムースローション(50ml)が付属します。このローションは垂れにくく、電動ホールには最適ですね。


付属品の専用ホール(クローバー)をチェック

全長が17cmと電動ホールとしてはかなり肉厚なホールです。柔らかさはセーフスキンと同等か少し柔らかい位ですね。匂いやオイルブリードは有りません。
お馴染みの装着穴が開いています。穴の内部にはしっかりとした樹脂パーツが埋め込まれていて、穴の強度をアップさせています。

3本の切れ込みが入った独特な入り口の穴です。普通のホールでもあまり見かけない穴ですね。入り口部をしっかりガードするようなフレームが付いています。

装着したケース内部でキツキツにならないように、胴回りは細くなっています。フレッシュライトと同じ構造ですね。

内部は細ヒダのストレート構造とシンプルです。穴の形がクローバーになっていますね。


専用ホールの装着方法

フロントカバーはマグネット式になっていてカチッと外す事が出来ます。
中にホールを装着するインナーカップがロックされた状態で入っています。

インナーカップは書かれている方向にひねるとロックが外れ、そのまま引き抜くことで取り出せます。

簡単にインナーカップを取り出すことが出来ました。

こちらもマグネット式になっていて、たまごを割るようにパカっと真ん中で二つに分かれます。

あとは6つの穴にホールを装着させて、インナーカップの蓋を閉じればセット完了です。

専用ホールを取り付けたインナーカップを本体に戻します。ホールに付いているフレームを本体に合わせればOKです。

使用イメージはこんな感じでしょうか。本体が大きいので、両手でホールドさせる据え置き型のような使い方になるでしょう。

使用レポート


【充電時間】

上にも書きましたがサイト情報によると、5時間でフル充電で連続使用120分だそうです。ただし、本体に60分以上の連続使用はお控え下さいの警告シールが貼ってあったので注意が必要です。

【音について】

モーターが変わったせいか、電動ホールとは思えないほどの静かさです。最高速度時でもそれほど音は気になりませんね。夜間の使用でも壁が薄くなければ、それほど気にせず使えるレベルになっていると思います。

【速度と動作パターン】

速度は7種でジワジワと動く超低速モードから、フルスロットルの高速ピストンまで変化を楽しむ事が出来ます。振動パターンは7種あります。

モード 使用感 評価
白(ストレートモード) 標準のストロークで最もセックス感のある動きです。抜く時はこれがいいですね。
水(ハンドジョブモード) 手コキ(?)モードでしょうか。動きがかなり早くてカタカタしますが思ったほど動きません。 ×
桃(ブロージョブモード) ゆっくり動かしているかと思えば急に早くなったりする緩急をつけたモードです。
緑(ディープスロートモード) ストローク幅を最大限に活かしたモードで深い挿入感を堪能する事が出来ます。
黄(イマラチオモード) ブロージョブに似ている感じで緩急をつけています。
青(インサートモード) ズブズブと挿入して、ゆっくりと引き戻す感じで、挿入時の感触を繰り返し味わえます。序盤にお勧め。
赤(ランダムモード) 上記の動きをランダムに行います。不規則で予想外の動きを楽しめます。


個人的な各モードの評価はこんな感じですね。お勧めはディープスロートモードで、特に低速域では従来の電動ホールでは味わえなかった、ため息が出るような深い挿入感を味わえるので、これだけでも買う価値が有るなと思いました。

【他のホールを動かせるか?】

試していませんが、インナーケースにぴったりと合うような形状のホールなら動かせるのではないでしょうか。ただ、内部がきつくなってしまいますし、専用ホール以外のホールですとモーターへの負担もかかりそうで怖いですよね。高額な製品なので私はお勧めしません。

と言いますか、専用ホールがしっかりと肉厚になっているので、従来の電動ホールほど付属のホールに対する不満が無く、他のホールを取り付けてみたいという気になりませんね。それよりも、これから追加されるであろう専用ホールの別バージョンを楽しみたいと思っています。

【メンテナンス性】

インナーケースが半分に割れる構造なので装着が凄く楽でした。専用ホールですが、入り口にフレームが取り付けられています。このフレームは外すと取り付けが面倒そうなので外していませんが、外さないで試しに裏返してみたところ問題なく裏返す事が出来ました。

【使用感】

上にも書きましたが、一番気持ち良かったのはディープスロートモードです。最低速でゆっくりと動かすと、ぬるっとした感触がカリの下辺りに微かに伝わってきます。驚くのは超低速でも全く止まらずに動く所で、ここまでのジワジワ感は今までの電動には無かったですね。機械なのに本当に誰かに舐められているような感触で人を感じます。

従来の電動ホールは早い動きは割りと問題無かったと思いますが、低速域は止まりやすくて使い物にならか無かった印象があります。しかしA10ピストンSAでは、その低速域の問題が新構造のモータによって見事に克服されていました。

ですので、ガンガン刺激を楽しみたい人ももちろんですが、私のようなまったりとした刺激をジワジワ楽しみたい層にも充分楽しめる仕上がりになっていると思います。私がピストン型の電動ホールに求めていたのは、正にこの部分でした。

高速域は通常モードが一番気持ち良かったです。ディープスロートでジワジワと感度を高めていたので、セックス感のあるピストン運動に、みるみる射精感が込み上げてきます。座った状態で本体を乗せていると、かなり重みがありますが、逆にその重みが騎乗位を連想させて滅茶苦茶興奮しました。

まだ各モードをざっと試しただけなので、これから評価が変わってくるかもしれません。電動慣れしてくれば、もっとイレギュラーな動きをする他のモードも楽しめるようになるんじゃないかと期待しています。

【不満点】

良い点ばかり書いたので、悪い所も書いておきます。まぁ誰しも思うことでしょうけど本体の重さがあるので取り回しがしんどいです。慣れてくれば騎乗位のような感覚で楽しめますが、ずっと両手ホールドは慣れないとしんどいかなと思います。

後はスイッチ類が本体奥にあるので、モード切り替えが難しいです。今何色なのか確認したくても大きくて重いので、確認しずらいんですよね。ただ解決策もあるようで、手元で操作出来る「VORZEコントローラー」と言うアプリがあるそうなので、今度スマホに入れて動かしてみたいと思います。

専用ホールは、ややきつめですが動きを妨げるほどでも無く良く出来ていると思います。ただ、ディープスロートモードでよりまったりとしたいので、もう少し内径を広げたユルバージョンも出して欲しいですね。インナーケースの大きさの制限も有るので、内径をこれ以上広げるのは厳しいかもしれませんが、一応願望としてはあります。気持ちよさの評価を10点にするか迷いましたが、今後の追加ホールに期待して含みを持たせた9点としておきました。

【電動ホールの固定】

専用の固定器具も開発中との事で、これは期待したいですね。A10ピストンSAは重さの弱点が有りますが、しっかりと固定出来ればより楽しめてハンズフリー感がアップすると思います。発売されたら机に取り付けて楽しみたいと思います。

 


専用ホールを装着した動画です。


専用ホールを取り付けた状態ですと、内部の動きが良く分からなかったので、ホールを外した動画も撮りました。ストローク幅の深さや低速域のスムーズさをご覧下さい。

【番外編】専用ホール以外のホールを装着(※自己責任で)

今何かと話題の「ヴァージンループエイトロング ハード」を装着してみました。ほぼぴったりに収まりますが、インナーケースが少し浮いてマグネットが閉まりません。ただ、6本の装着穴に当たるホールの部分を少し削ってやるか、半田で凹みをつけてやれば恐らくしっかりと閉じる事が出来るでしょう。

触手裏剣ソフトを装着してみたした。6本ピンが有るのでそれが上手くホールのズレ防止にもなっていますし、粘着性の高いホールという事で、使用してもほとんどズレたり抜けてきたりするような事は有りませんでした。

お気に入りのホールである「触手裏剣ソフト」は、ご覧のようにこのケースの為に生まれてきたのかという位にぴったりとフィットしてくれました。これは嬉しい。

ケースを本体に装着しました。専用ホール以外を装着する時の問題点としてはローションの漏れですね。

入り口のカバーを付ければセット完了です。専用ホール以外でもサイズが合えば動かせそうです。(ただしメーカー保障外で自己責任となります)


あれから色々試していますが、やはりお気に入りのホールを動かしてみたいという衝動にかられ、触手裏剣のソフトで動かしてみたところ、これが大ヒットでした!

ケースに装着した事でキツキツにならないか心配でしたが、6本の固定ピンとケース外周の間に適度な隙間があり、これが上手く働いてくれて締まりはほとんど変わりません。低速域の1~2で動かすと凄くフェラっぽい感触が有ります。今までのどの電動ホールよりも本物に近い感触が有ると断言出来ます。ホールを少し温めて使用しましたが、これはやばいです。めちゃくちゃ気持ち良いです。

高速域は7よりも5辺りの方が気持ち良く、しっかりと内部のヒダの動きが伝わってきます。触手裏剣の触手状のヒダが絡みまくりストップする事無く動き続けるので、動きをセーブしないとあっという間にフイニッシュまでもっていかれそうになる位気持ち良いです。

専用ホールのように入り口でホールが固定されていないので、普段のストロークと大差なく動きます。ディープスロートモードの深い挿入感は倍増する感じが有りますし、他のブロージョブやイマラチオモードも生き返ったように気持ち良さが跳ね上がりました。やはり自分好みのホールを装着するのは良いもんですね。

問題点はローションが機械内部に侵入する可能性が有る点で、垂れやすいローションは厳禁になります。お勧めは垂れにくいアストログライドか、付属にも付いてきたVORZEスムースローションが良いと思います。万が一漏れた場合はしっかりと拭き取りましょう。

下に触手裏剣の装着動画をあげておきます。


触手裏剣ソフトを装着した動画です。

※音が出ますのでご注意下さい

A10ピストンSA、NLSピストン用インナーケースに装着出来たホール



Churro screw (チュロスク)」を装着。
加工無しで蓋を閉める事が出来てジャストフィットします。


肉壷ヴァギナリターンず」を装着。
加工無しで蓋を閉める事が出来てジャストフィットします。

肉ドン パイピーナ縦波ミート」を装着。
こちらも加工無しで蓋を閉める事が出来ました。

うらすじDX」を装着。
このホールは入り口が大きくて加工無しで装着しよとすると、かなり飛び出した形になります。この状態でもピストンは可能でした。

ふわぼてポルチオン」を装着。
18cmと大型のハンドホールなので先端が少し飛び出しますが加工無しで装着可能でした。

ヴァージンループダリンセブンハード」を装着。
先端が少し飛び出しますが加工無しで固定可能です。ただ、素材が固いせいか内部がキツキツ過ぎて実用的なレベルではないと感じました。

ヴァギナフィッターズ」を装着。
加工無しで固定可能です。ただし、挿入すると蓋が開いてしまうのでホールを少し削る必要がありそうです。

真実の口 おちょぼ口 mini」を装着。
入り口の顔の部分が飛び出す形になります。ただし、すっぽ抜けやすいので実用的ではありません。

Ju-C(ジューシー)6 とりぷる意地悪ぷれ~と」を装着。
出っ張っている部分がケースにかみ合い、専用ホールかと思えるほどぴったりに収まります。

ただし、内部が狭すぎるのでキツキツになってしまい実用的ではありませんでした。これより緩いノーマルのJu-Cなら合う可能性が高いと思われます。

星おなトルネード」を装着。
ケースに対して製品が細いので、入り口がケース内部にめり込んでしまい使い勝手はよくありませんでした。

淫弾フリックエレメント」を装着。
サイズもぴったりですし、内部も広めでキツキツになりにくいので、かなり装着ホールに向いていると言えるでしょう。


ご感想募集 ご感想を募集中!

当サイトでは、オナホールのご感想を募集中です。辛口ご意見、管理人のレビューと180度違うレビューも大歓迎です。また、一度ご投稿いただいたホールでも、使っていくうちに違った感想が出てきた場合は再度ご投稿下さって構いません。文章の量は極端に短すぎなければOKです!

お名前(ペンネーム可)
ホール名
気持ちよさ
メンテナンス
耐久性
コストパフォーマンス
しまり具合
刺激
匂い
油っぽさ
柔らかさ
裏返し
ホールのご感想

送信が上手く出来ない場合は、こちらのフォームからご送信下さい。

固定グッズ

サイクロン型

ピストン型

ピストン+サイクロン型

振動タイプ