詳細検索
電動式オナホール

A10ピストン専用カップホール レビュー

ユーザーからの声を反映し、耐久性を向上させてきたA10ピストン専用ホール

A10ピストンに装着して使用する専用カップホール。ユーザーから指摘の多かった耐久性の弱さを見直し、再設計された新バージョンの専用カップホール。内部はストレートのヒダで、S-MサイズとM-Lサイズの2種類が用意されている。
A10ピストン専用カップホールの商品画像
人気
気持ち良さ
メンテナンス
耐久性
コスパ
販売店
サイズ 長14.5cm
メーカー RENDS(レンズ) 価格 税込み1,260円前後~
発売年 2013年 素材名 なし
締り具合 ややきつい 刺激 やや強い
匂い 気にならない 油っぽさ 気にならない
柔らかさ 柔らかい 裏返し ×
種類 電動オナホール ヒダ系ホール ケース使用型
管理人レビュー

長らく販売が停止していたA10ピストンですが、専用カップホルダーが新たに追加されて再び販売を再開しましたね。初期のカップホールは耐久面で不満の声が多く、実際の使用感は良かったのだけれども長く楽しめなくて残念な思いをされた方も多い事でしょう。私もその一人で再販されるのを心待ちにしておりました。

発売された専用カップはオーソドックスなヒダタイプで、S-MタイプとM-Lタイプの2サイズが発売となりました。M-Lの方が良さそうですが、今回違いを知りたかったので2種類とも取り寄せてみて比較してみることにしました。

まず素材ですが、初期タイプ同様に半透明の素材が使われています。匂いや油っぽさは皆無で、サラっとした手触りです。粘りはあまり感じない素材ですが、カップホールとしては全体的に厚みがあります。S-MサイズとM-Lサイズで穴の大きさを比べてみますが、僅かににM-Lサイズの方が大きいかな?と思うくらいで思ったほどサイズの差が感じられません。

早速、M-Lサイズの方で実際に使用してみる事にしました。動かす前にホール部にローションを流し込み、ペニス側にも少しローションをつけて挿入してみます。半勃起程度ですが、少し力を入れると中へと入っていきました。カップホールということで、きつめかな?と思っていましたが、M-Lサイズはそこまで窮屈さはありませんね。

はやる心を抑えながらコントローラーのスイッチオン!一番低速のピストンなのでカクンと1ストロークしただけですが、何というかすごくドキドキしますね。自分で意図していない動きが急にペニスに加わるので、普段のオナニーで忘れかけていたドキドキ感のようなものが生まれます。

そのまま速度を上げていき、調度真ん中位の速度で固定してみます。この位の速度では、口の中でニュルっと動かされているようなフェラっぽい動きをみせます。自分はピストン本体を手で押さえているだけで、ワンストロークもしていないのに早くもペニスはギンギンに勃起してしまいました。

フル勃起状態だとさすがに低速域では止まりやすくなりますね。実用的な速度は中速~高速域ですが、パターンも何種類かあるので動きに変化をつけながら楽しむ事も出来ます。また、止まりやすい低速域では根元までペニスを入れるのではなく、先端のみで動かしたりするとスムーズに動き出す場合があります。

フィニッシュはやはり最速モードでガンガン動かしながら射精感を高めていきます。動画ですとストローク幅が短いように思えますが、実際は高速域だと充分な射精能力のあるピストンをしてくれます。最高速の揺れを押さえ込むために両手でホールドしながらの中出しフィニッシュは、まさにイラマチオといった感じでフィニッシュ後の膝のガクつきがやばいです。

S-Mサイズも後日使ってみましたが、サイズが幾分狭くなったせいでしょうか、低速域がさらに止まりやすくなっています。買うとしたらM-Lサイズ一択かなと思いますが、出来れば更に大きいサイズの穴があっても面白いのではないかなと思いました。今後専用ホールのバリエーションが増えるかもしれないとの事なので、その時に期待ですね。

欠点としてはストレートタイプの穴なので、ローションを入れすぎると逆流してきやすいです。ヒダはそんなにジョリジョリしないタイプのヒダだったので、ローションは垂れにくいタイプを使う方が良いように思います。

耐久性は今のところ全く問題なさそうです。蛇腹部分を無くしたおかげで伸縮性に強くなったホールは、簡単には裂けそうにない感じです。そうなってくると繰り返し使いたくなるのですが、一応今回も使い捨てホールということなので、メーカー側としては再利用については考えていないようですね。ですが、あくまで自己責任となりますが分解は可能だったので、私は洗いながら壊れるまで使っていくつもりです。

製品の詳細をチェックしてみる

左S-Mサイズ、右M-Lサイズ見た目ではあまり差がないように見えます。
半透明のサラっとした素材。初期より厚みもアップしました。
ちぎれやすかった初期カップの蛇腹部分を見直し、負荷が分散されやすい伸縮タイプに変更されています。
固定されているスポンジ部にホールの出っ張りが引っかかり、抜け出さないようになっています。
カップホルダーを装着する時は弾丸をこめるスナイパーのような心境になります。
入り口のカバーを取り付けていきます。
カバーの外にホールが出るようにセットします。
これでOK!後はキャッチリングをカチっとはめます。
セッティング完了です。
初期カップより厚みが増してカッチリ固定されています。
お勧めは出来ませんが分解は一応可能です。取り出すとこのようになっています。(スポンジ部分とカップ内側はロウのような樹脂で接着されていますので、それを剥がす必要があります)
再び戻すのも比較的簡単。カップの底は穴が開いています。(強度を保つために樹脂でカップとスポンジを再接着するのが望ましいです。樹脂で接着するグルーガンはホームセンターで安いのなら1000円以下で手に入ります。)
ご感想募集 ご感想を募集中!

当サイトでは、オナホールのご感想を募集中です。辛口ご意見、管理人のレビューと180度違うレビューも大歓迎です。また、一度ご投稿いただいたホールでも、使っていくうちに違った感想が出てきた場合は再度ご投稿下さって構いません。文章の量は極端に短すぎなければOKです!

お名前(ペンネーム可)
ホール名
気持ちよさ
メンテナンス
耐久性
コストパフォーマンス
しまり具合
刺激
匂い
油っぽさ
柔らかさ
裏返し
ホールのご感想

送信が上手く出来ない場合は、こちらのフォームからご送信下さい。

固定グッズ

サイクロン型

ピストン型

ピストン+サイクロン型

振動タイプ

おすすめ電動オナホール

電動オナホールの音