詳細検索
電動式オナホール

THANOS(サノス) レビュー

小型で非常にパワフルなピストン型電動オナホール

中国の新興メーカーGOLDEN製のピストン型電動オナホール。世界初となる「スリーブドライブ方式」を採用。スイッチは3段階の速度切り替えのみとシンプルで、着脱可能なインナーカップに専用ホールを装着するインピストンタイプ。
THANOS(サノス)の商品画像
人気
気持ち良さ
メンテナンス
耐久性
コスパ

この製品の最大音量は86.1dB

販売店
サイズ 本体長さ26cm・重量1150g
インナーホール:17.5cm 約295g
メーカー GOLDEN(ゴールデン) 価格 税込み13,824円
発売年 2019年 素材名 なし
締り具合 ややきつい 刺激 強い
匂い 気にならない 油っぽさ 気にならない
柔らかさ 柔らかい 裏返し
種類 電動オナホール ケース使用型

2019年も電動ホールが元気ですね。先週のテンガの電動ホールに続き、またまた気になる電動ホールが発売されていたので取り寄せてみました。メーカーはオナリズムピストンヒートIRを手がけたGOLDENという中華メーカーです。中華の電動ホールの技術力は目覚しいものがありますので、今回も期待したいところです。

タイプはインピストン型の電動ホールで、価格帯が1万4000円ほどです。この価格帯のピストン機ということで、ライバルはやはりNLSピストンになると思いますので、比較しながら詳しく見ていこうと思います。

どんな梱包で送られてきたか。

NLSの梱包画像です。ダンボールのサイズは据え置き型くらいでしょうか。電動なので重みがあります。

パッケーサイズは約28cm×18cm×7cmとなっています。中華メーカーですが、パッケージの説明文は日本語で書かれています。


インナーカップの取り出しと付属ホールをチェック

操作ボタンはシンプルで一つのみです。長押しでON、OFFボタンお押すごとに速度が3段階にアップします。駆動はコードレスではなくAC電源ですね。

フロントカバーは取り外しがややこしく癖がすごいです。試行錯誤の末、捻るように回して引き抜くと外れました。慣れるとどうという事はないですが。

フロントカバーが外れたら底のキャップも外します。

底のキャップを開けると発砲スチロールが詰まっているので、引き抜いて取り出します。

インナーカップは2つのツメでロックされているので、矢印の方向に指でつまみながら奥へ押し出してやるとロックが外れます。

インナーカップを取り出しました。コンパクトな本体の割りには大きいですね。カップの構造はNLSピストンと似た形状です

インナーホールは17.5cm、295gと立派なサイズで肉厚もあり、ふんわりと柔らかい素材ですね。

中を覗きこんでみました。序盤は大ヒダがありますね。

穴はストレート構造となっており、細かい卍型のテクスチャーが規則正しく刻まれています。

問題なく裏返す事が出来ました。卍がはっきりと分かりますね。


NLSピストンとの比較

NLSピストンと比較すると、かなりコンパクトなボディである事が分かります。

コンパクトなボディなのに、NLSピストンと同じようなサイズのインナーホールを動かせるのは立派ですね。


管理人レビュー

一通りチェックを済ませ、早速使ってみる事にしました。電源はコンセントからのAC電源となっているので、充電の必要はありません。コードもかなり長いのでこれだけあれば色んな姿勢で使っても不便は無さそうです。

本体を手に持ってみますと電動ホールとしては、とても軽いですね。 サイズ的にはフレッシュライトのケース入りを持っている位の感覚なので片手でも持てない事はないサイズ感です。動かす前にローションをホール内部へ入れながら指で馴染ませておきます。入り口が少し狭いホールなのでローションの逆流は気にしなくて良さそうです。

電動ホールの準備が整ったので、しっかりとペニスを勃起させてホール内部へと挿入していきます。入り口は少し狭い穴なので最初引っ掛かりますが、一旦亀頭部が入るとそのまま奥へと入っていきます。ペニスを根元までねじ込み、いよいよ全ての準備が整ったのでスイッチボタンを押してみます。

ボタンを押すと激しくストロークが始まり、いきなりペニスへ強い刺激が伝わってきます。もう少しゆっくりのスタートかと思っていたので、あまりの動きの激しさに驚きを隠せません。ボタンを押すと更に速度がアップし、いきなりクライマックスのような激しいストロークで攻め立ててきます。片手で持てる位のマシン重量でしたが、本体が暴れるので、しっかりと両手でホールドさせないと危険を感じるほどです。

ストローク幅は7cmと言う事ですが、インピストンでみられるストロークの短さはそれほど感じず、NLSピストンよりはストローク感があるかなと感じますね。そのまま最大速度まで上げると、射精感がみるみる込み上げてきて、「あっやばいな、このままいくとすぐに発射しそう」という感覚が押し寄せてきます。

卍型テクスチャーからの刺激ですが、速度が早すぎてヒダなのかイボなのか分かりにくく、かなりぼやけた感じになります。素材が柔らかく電動ホールのカップホールにありがちなペラペラ感もなく、普通に気持ち良いです。

うーん評価が難しいですね。抜けるか、抜けないかでいうと間違いなく抜けるマシンなのですが、何と言いますか、抑揚がなさ過ぎて盛り上りにかけるといいますか、低速域のジワジワ感がないのが私には少し物足りなく思えましたね。「強制搾取マシン」とはよく言ったもので、ほんとそんな感じに思えます。

NLSピストンとの違いは、ストローク速度がNLSピストンは徐々に低速から高速に変えれるのに対して、THANOS(サノス)の場合は、中速→高速→超高速と言う感じで、とにかくひたすら激しいピストンなんですよね。だから一旦射精感の波が来てしまうと、低速に切り替えて落ち着かせてこらえるといったような逃げが一切出来ず、そのままフィニッシュまでもっていかれてしまう感じになってしまいます。

ストップボタンもワンプッシュで止まるNLSピストンに対して、THANOS(サノス)は長押ししないと止まらないので、操作性ではNLSピストンの方が使いやすいです。音は似たり寄ったりで、両者ともに爆音マシンなので使う場所、時間帯を選ぶマシンと言えます。ボディの小ささは、NLSピストンは固定具が用意されているので、あまりアドバンテージにはならないんですよね。

という事で私の評価は、高速域のピストン性能ではTHANOS(サノス)の方が上なものの、低速域をから高速域の切り替えでメリハリをつけれる分、トータル的にはNLSピストンの方が満足感の高いオナニーを楽しめると思いました。 個人的にTHANOS(サノス)は、さっと抜いて早く寝たい時用って感じの使用感でした。


※音が出ますのでご注意下さい

市販のホールは動かせるか?

NLSピストンのインナーカップに装着出来た、触手裏剣のソフトを装着出来るか試してみたところ上手く入りませんでした。

インナーカップがNLSピストンより微妙に細くて、入り口のフチとホールの幅がちょっと狭いですね。ストローク中フチにペニスが何かの拍子で接触したらとても危険ですので、今回は市販ホールを動かす事は断念しました。中型ホールを動かすだけのパワーは充分足りているとは思いますが、危険をおかしてまで試すのは止めた方が良さそうです。


ご感想募集 ご感想を募集中!

当サイトでは、オナホールのご感想を募集中です。辛口ご意見、管理人のレビューと180度違うレビューも大歓迎です。また、一度ご投稿いただいたホールでも、使っていくうちに違った感想が出てきた場合は再度ご投稿下さって構いません。文章の量は極端に短すぎなければOKです!

お名前(ペンネーム可)
ホール名
気持ちよさ
メンテナンス
耐久性
コストパフォーマンス
しまり具合
刺激
匂い
油っぽさ
柔らかさ
裏返し
ホールのご感想

送信が上手く出来ない場合は、こちらのフォームからご送信下さい。

固定グッズ

サイクロン型

ピストン型

ピストン+サイクロン型

振動タイプ