詳細検索
電動式オナホール

A10サイクロン レビュー

R-1に横回転する電動式オナホールユニットが登場。

従来の電動オナホのピストン式ではなく、横回転する電動式オナホール。別売のR-1ユニットで回転の速度やパターンをコントロールできる。付属のインナーだけでなく、今後発売されるインナーカップを取り付ける事で新たな刺激を楽しめる。
販売店
サイズ 本体約19cm 直径約8cm
メーカー RENDS(レンズ) 価格 税込み6,090円
発売年 2009年 素材名 なし
締り具合 普通 刺激 強い
匂い 気にならない 油っぽさ 気にならない
柔らかさ 普通 裏返し
種類 電動オナホール

※駆動にはA10サイクロン本体の他、R-1スターターセットが別途必要になります

「オナニーの歴史が変わる!」というオナホとは思えない、カッコいい動画に触発されて、買っちゃいましたA10サイクロン。何といっても注目は、横回転する動きがペニスにどのような刺激をもたらすのか?という一点につきますね。

横回転方式で思い出すのは、知る人ぞ知るヘキサゴンの扇風機オナニーの発想です。あれに近いものを想像して取り寄せたのですが、R-1に取り付けて動かしてみた所、考えが変わりました。すごい複雑なパターンを次々に切り替えれるので、扇風機の一パターンの動きとは比べ物にならない位のスペックでした。甘く見ててすみません。めちゃめちゃ金かけて、凄い機械作りましたね~NLSさん。

早速製品をチェック!ホールセットまでの手順。


フレラのケースのような懐中電灯みたいな形ですね。この手の電動ユニットとしては、特別大型というほどでもないのではないでしょうか。 こちらは別売のR-1コントローラーで、これがないと動きません。トータルだと1万ちょっとになります。
R-1コントローラーはスターターセットとしてローターが付属しています。オナホの振動化計画で使用したXX-pitというローターに近いかな。様々なパターンの動きを楽しめる高性能なユニットです。 こんな風にジャックを差し替えるとローターだけでなく、今回のA10サイクロンという電動オナホールも制御することができます。
つや消しのボディと内部のメッキがメカニカルで高級感ありますね。重さは思ったほど重くなくて、フレラのケースを持ちなれてる方なら違和感無い位の重さだと思います。 標準でついているのが、この繊毛状の長いイボタイプのインナーです。内部は回転が止まらない程度にゆったりしています。
筒の太さもフレラケース位かな?すいませんフレラでばかり例えて。持ってない方には分かりにくいですね。 ピストン式だと機械が暴れて中々固定するのは難しいと思いますが、回転式なので軽く手を添えるくらいで充分固定出来ました。
 
動作音は、深夜の寝静まった部屋で、物音立てれないような環境ではうるさいとは思いますが、あくまで電動としては許容範囲かなと思える音です。私的には、思ってたより全然静かでした。  

私は、こういった製品の場合説明書は読まずに、取り合えず直感で動かしてみるのですが、何も見なくても使い方はとても簡単でした。しいていうなら、R-1のボタン操作を覚えるまで最初は少し戸惑うかもしれませんが。

肝心の動きですが、R-1をカチカチ押して切り替えると、回転の速度やパターンを切り替えることが出来ます。左回転でガーっと回ってたと思えば、更にボタンを押すと右回転に切り替わったりします。この切り替わる時がメリハリがあってゾッくっとくるものがありますね。

一通りのパターンを試してみて、気に入ったのが左右に小刻みに動くパターンで、これが一番好きです。感触で言えばフェラに近いんですが、ちょっと激しいフェラと申しますが、気持ち良いんだけど歯は立てないでくれよって言いたくなるような、がさつなフェラのような感じですね。でも、もぞもぞと口の中でコリコリされているような感触は、おそらく電動ユニットではA10サイクロンでないと味わえない領域ではないかとも思えます。なるほど良く出来ています。

気になった点は、個人の好みにもよると思いますが、スピードを上げるとこのモゾモゾ感がかき消されて、刺激が大味になるところですかね。強くすればするほど少し痛みが出てきました。一番低速か、その次くらいが私には良かったです。低速といっても、フェラで考えるとかなりガンガンくるフェラなので、欲を言えばもっとゆっくりの超低速モードがあれば、ゆっくりジワジワ動かしたいオナニーを始めた時の導入部分にピッタリだったのになと思いました。

回転式というのを初めて経験しましたが、フェラ好きの人にはたまらない刺激なのではないでしょうか。私はどちらかと言えば遅漏ぎみで、フェラでは中々イキにくいのですが、これは永遠と動いてくれるので(電池が続く限りですが)相手を気遣わずに、長時間フェラしてくれるので充分、自分のペースで楽しめたのが良かったです。

内部を変えるとおそらくガラッと刺激も変わるのかな??今後発売されるインナーカップが非常に楽しみです。発売されましたら、取り寄せてみて続報としてレビューさせていただこうかなと思っています。


【別売インナーカップのクリスタルを試しました】2009・10.9追記

新たに追加されたインナーのクリスタルを取り寄せて、使用してみました。

新しく追加されたクリスタルタイプです。 ゴムの部分だけを取り替えると思っていたら、外側のフレームまでついていました。
インナーカップは、くるっと回して引っ張ると簡単に外れます。早速クリスタルに付け替えてみました。 別売のスペーサーを付けると長さがUPします。5個つけるとフレラのケースくらいのでかさになりますね。でかい人は取り付けて、長さを調整するのもいいかもしれませんね。私にはとてもじゃないけど奥まで届かないので、こんなにはいりませんが。
内部はピラミッド状の突起で、スマートというホールの内部に似ています。ただ、こちらの方が柔らかいですし、内径も3cm程度あってスマートよりはゆったりしています。 ピラミッド状ですが、よく見ると先っぽ潰してあって丸みがあります。

ピラミッドは尖ってるので、ちょっと痛いんじゃないのかな?と使用前は思っていたのですが、実際使ってみると痛さとかは感じませんでした。痛くない要因としては、素材が柔らかめなの、ピラミッドの先を程よく丸めているからだと思います。

突っ込んでみた第一印象としては、もともと付属しているメデューサヘッドよりは、ペニスが密着するせいか挿入感はこちらの方があって、オナホらしい挿入感があります。

刺激がしっかりしていて、メデューサヘッドよりはしごかれている感じがありますね。内径はもう少しゆったりしても良い気がしますが、回転が止まらないギリギリのサイズにしているのかもしれません。その分、口をぎゅっとすぼめたようなフェラをされているような感触が味わえます。私は、左右に小刻みに動くパターンで、グッと根元まで押し込んで動かしているのが凄く気持ち良かったですね。

ただ一つ、回転と強さのパターンを切り替えてお気に入りの気持ち良いポイントを探すのが、A10の醍醐味だと思いまが、欲を言えばランダムに動くパターンがあっても面白かったかな?と思いました。A10はハンズフリー度が高いですが、スイッチを切り替える時に、少なからず自分の意思が入ってしまうんですよね。なので、より誰かにやってもらってる感を再現するのであれば、ランダムで色々なパターンに切り替わるモードがあっても良かったかなぁと、ふと思いました。とはいえ、概ね気に入っています。フェラ好きには楽しめる機械だと思います。

【別売インナーカップのローリングフェラを試しました】2009・10.16追記

ローリングフェラタイプがついに発売されましたね。形状を見た時に、一番良さそうだなぁ~と期待して待っておられた方も多いのではないでしょうか。私も期待に股間を膨らませて待っておりました^^早速、使用チェックを行ないたいと思います。

新しく追加されたローリングフェラタイプです。  
透明なので写真では分かりにくいかもしれませんが、上の方が空洞で、片方が舌のようになっています。 舌の表面は少しザラッとしたような加工が施されています。素材は、今までどおりの素材でもっちり柔らかいです。
挿入イメージ。空洞部分は口の中で、舌が回転するというまさにフェラ仕様になっていますね。 空洞部分が大きいので、挿入するとペニスが丸見えです。


実物を見て驚きました。空洞がでかくて、舌のような物がチョロっとあるだけなので、こんなので大丈夫かな?と思いました。普通のオナホだったら、イマイチな構造に思えます。

しかし、挿入して実際に動かしてみると、その思いは一新されました。 まず、ぐっと挿し込んだ時にホールのような密着感がありませんが、調度口の中にカポっとくわえこまれたような挿入感があります。

ゆっくりローリングさせてみると、舌の部分がぐりぐり動いて、本当にフェラされているような刺激が来ます。シリーズ中、フェラっぽさではダントツですね。ほんとに良く出来ています。3つのタイプの中でフェラっぽさを求めるなら、これが本命かなぁ、と思います。

舌のざらっとした加工も効いていて、ゆっくり動かしても口の中で舌をコロコロ動かされているようで気持ち良いです。フェラシーンのビデオを見ながら動かすと、バーチャルフェラの世界へトリップさせてくれます。

非常に気持ちよくて気に入ったのですが、パターンによっては動きがスムーズでなくて、止まりやすい時があったのが気になりました。ひょっとすると電池の残量が少ないからかもしれませんが、電池式という事で、予備の電池も用意した方が良いかもしれませんね。


【別売アクセサリ「スネークプレッシャー」を試しました】2010・6.26追記

A10サイクロンに新しいアクセサリ「スネークプレッシャー」 が発売されたので取り寄せてみました。今までのインナーより長さが長くなって、カップのギリギリまでインナーがありますね。挿入口も小さくてアクセサリーの中ではオナホに近い形状になっています。

取り寄せたアクセサリー。動かすには他にA10サイクロン本体とR-1スターターセットが別途必要になります。 内部は若干ワインディングしています。長さが長くなったとはいえ、ペニスの根元まで覆うほどではなく、あくまで亀頭刺激のサイズです。
挿入口は小さく1.5cmほど。今までのインナーにはないオナホっぽい挿入感があります。 動画では動きが見やすいように外側のカバーを外していますが、実際の使用時には必ず外側のカバーは取り付けましょう。

挿入してみると、非常にキツくて手を離すと押し戻されます。こんなにキツくてちゃんと動くのかな?と心配でしたが、止まることもないですし、問題なく動いてくれました。内部は加工もなくつるんとしていて、オナホだと面白みの無い形状ですが、A10のインナーだとこれ位のシンプルさが調度良い感触へと変化します。

サイズが長くなったのが結構効いていて、ペニスの真ん中位までしか入りませんが、目一杯突っ込むと根元までジワジワと振動が伝わってきて気持ち良いです。個人的には強すぎる動きより、中くらいの強さで左右に小刻みに動くパターンにはまりました。感触は口の中一杯にほおばって、舌先でチロチロされているような、むず痒い気持ちよさがあって、フェラ好きにはたまらない仕上がりになったのではないでしょうか。

ただ問題点も無い訳ではなく、キツいのですっぽ抜けない様に常に押さえつけておかなくてはならなくて、完全なるハンズフリーとは言えない気もします。オナホと違って、回転刺激の変化のみなので、フェラだと刺激が弱くて中々いけないって人は普通のオナホを買った方がストレスなく楽しめると思います。

とはいえ現状、最もフェラの感触に近いマシーンである事は間違いないと思っています。フィニッシュ時はオナホにはない感動がありますし、フェラ好きの人には試してみる価値のあるアクセサリーだと思いますね。

ご感想募集 ご感想を募集中!

当サイトでは、オナホールのご感想を募集中です。辛口ご意見、管理人のレビューと180度違うレビューも大歓迎です。また、一度ご投稿いただいたホールでも、使っていくうちに違った感想が出てきた場合は再度ご投稿下さって構いません。文章の量は極端に短すぎなければOKです!

お名前(ペンネーム可)
ホール名
気持ちよさ
メンテナンス
耐久性
コストパフォーマンス
しまり具合
刺激
匂い
油っぽさ
柔らかさ
裏返し
ホールのご感想

送信が上手く出来ない場合は、こちらのフォームからご送信下さい。

固定グッズ

サイクロン型

ピストン型

ピストン+サイクロン型

振動タイプ