詳細検索

ヴァージンループストロングピッチハード

極太の2mmのヴァージンループにハードタイプが追加!

ライドのバンジータッチ素材を使用したヴァージンループ系オナホール。構造は初代と同じストレート構造で穴がクローバー型となっていて、ヒダのピッチが極太の2mmへと変更されている。
ヴァージンループストロングピッチハードの画像
人気
気持ち良さ
メンテナンス
耐久性
コスパ
 
販売店
サイズ全長:約16cm 378g
メーカーRIDE(ライド)価格 税込み1,800円前後~
発売年2020年 素材名ハードタッチ【air】
締り具合ややきつい 刺激強い
匂い気にならない 油っぽさ気にならない
柔らかさ固い 裏返し
種類非貫通式ホール ヒダ系ホール クリアタイプ

ツイートボタン この商品をつぶやく・・・

いやー年の瀬も迫り、ライドの猛攻が始まりましたね。ここ最近、ライドの製品の発売ラッシュでライド製品ばかりレビューしている気がします。本当はもっと色々なメーカーさんの製品をレビュー出来たら良いのですが、予算が許さないのと、射精をともなうレビューは週1回位が限度なのが実情で、いつも申し訳なく思います。

そして、もう一つの悩みどころが、ハード系(高刺激系)ホールの扱いです。私は事あるごとに触れていますが、まったり派なので正直なところハード系、高刺激系は苦手です。ですので出来れるならこれらのホールは、スルーしたのが本音です。

でも今回のホールのように話題性の高いホールだと、そうも言えない状況もありまして、玉砕覚悟でのレビューとなってしまいます。何というか、最初から多分自分には合わないホールだろうな~と想いながらレビューしてもテンションが上がらないのが悩み所なんですよね・・・。

私のホールの好み遍歴ですが、実はオナホを使い始めた頃は、高刺激系のホールが大好きでした。その当時は、今みたいに柔らかい素材というのがあまりなくて、硬くて高刺激のホールが多かったように思います。ですので、私も硬めの高刺激ホールにどっぷりはまり、ホールの気持ち良さ=刺激の強さ位に思っていました。

当時好きだったホールは、アウラとかですね。アウラの初代は素材もそこそこ固くて、ヒダもシャープだったので、多分今使うと痛くて使えないんじゃないかなって思うんですよね。


かつて好きだった初代アウラ

ですので、一応自分も高刺激が好きだった時もあったので、高刺激ホールの良さも理解しているつもりですが、最近はまったり系のホールに好みが移り、どうしても高刺激系のホールの良さを上手く感じ取れないようになってきてしまっているように思えます。

私のように高刺激好きが、まったり好きに変化していく例もありますので、皆さんの中でも、今は高刺激が好きでも使い続けると好みが変わっていく方もいるかもしれませんね。その逆もまたあるかもしれませんし。オナホって本当に奥が深いですね。


管理人レビュー

素材は半透明なハードタッチエアで、やはりしっかりとした固さがありますね。手触りはほとんど油分を感じなくて、匂いもほとんどありません。16cmのホールですが、肉厚もしっかりとしていて小さいと感じるような事はありません。

入口の大きさは約1.8cm程度あって広めの穴になっています。中を覗くと手前にローションポケットのような空間があり、奥にクローバー型の穴が見えます。奥まで真っ直ぐに続くストレート構造で、穴の内径は広い所で約2cmほどあるゆったりとした内径となっています。

ローションポケットにローションを流し込み挿入してみます。入口は穴が広い事もあるので、入れやすそうですが、素材の伸縮性があまりないのでしっかりとフル勃起させないと挿入は難しいですね。しっかりと勃起させた亀頭を穴にあてがい、少し力を込めて押し込んでやると亀頭部が中へと入っていきました。

内径は確かに広くてキツさはそこまで感じませんが、若干の押し戻しを感じる位の抵抗があり、内部の壁を感じながらペニスが奥へと進んでいきます。内壁の感触は固く、ノーマルやソフトのような面影は全く無い別物のような挿入感となっています。

少し動かしてみると、強いヒダの刺激がしっかりと伝わってきます。ヒダは初代のヴァージンループのようなきめ細かいジョリジョリではなく、悪く言うと洗濯板に擦りつけているような刺激となっています。

内径が広めなので、痛さなどはなくとてもバランスのいいい内部構造だとは思うのですが、刺激はヒダの強い刺激が中心で、ストロークし続けているとジーンと熱くなってくるのが分かります。

まったり派の私でもギリギリ使える刺激の強さではありますが、刺激一辺倒であまり変化が無いので、動かし続けると飽きてくるような感じがあります。これはやはり、まったり派は手を出すべきではない硬度だとあらためて思いますね。まったり派なら、ふわひだの方を選んだ方が絶対良さそうです。

試しにバキュームも試みましたが、奥の空間から少し空気が抜けるものの、ほとんど密着感がアップするような事はなく、刺激の変化がみられませんでした。ヒダや高刺激なホールが好きな方なら、バランスの良い定番ホールといった感じで楽しめるかもしれませんが、万人受けするようなタイプではなく、使う人を選ぶ刺激の強さと硬度だと思いますね。


ヴァージンループストロングピッチハードの詳細画像

  • 取り寄せたアマゾンの梱包画像です。

  • 重量は378gで全長16cmで、ノーマルと大きさの変更は無さそうです。

  • 素材はハードタッチエアを使用。固めの半透明な素材で、匂いやオイルブリードは気になりません。

  • 素材はハードタイプですが、約1.8cm程度のゆったりとした入口で、挿入はしやすい入口ですね。

  • 入口すぐにローションポケットがあり、クローバー型の穴が奥まで続いています。

  • 素材の強度も高く裏返しも問題ありません。ヴァージンループよりも極太になったヒダですが、それでもかなり細く感じるヒダです。

  • 素材が固くなった事で、若干押し戻しを感じる位の締め付けを感じる挿入感です。

  • 半透明の素材なので、挿入したペニスはうっすら透けて見える程度です。軸のズレなどは全くありませんね。

ヴァージンループストロングピッチハードはA10ピストンSAに装着可能か?

  • 私がA10ピストンに装着するホールで現在の所、最も気に入っているのが、ふわひだヴァージンループストロングビッチです。柔らかさを比較すると同じホールとは思えない位に差がありますね。

  • 素材が固いので素材の伸縮性が弱く、蓋が閉まりません。

  • 一応サイドをテープでとめて無理やりセットしてみましたが、内部がキツキツで挿入が難しいです。同じ型なので使えるかと期待しましたが、ハード版は装着するのはかなり厳しいと感じました。

ヴァージンループストロングピッチハードに似た特性を持つオナホール

ハード素材のヒダ系ホールということで、似ているホールは結構あると思います。やはり同じハードタッチエアを使ったホールが似ているように思いますね。

特に似ているのはベースとなっているヴァージンループ HARDですが、以下のホールも似ているんじゃないかなと思います。

刺激が強いホールなので、まったり派には合わない可能性が高いホールですね。


ヴァージンループストロングピッチハードの硬度はどれくらいか?


ホットパワーズ素材の硬度一覧

素材の柔らかさをお伝えするのに、単に柔らかいや固いと言っても、それぞれ個人の基準でバラバラなので、正確に伝える事は難しいです。そこで実験的な試みとして、ホットパワーズの綺麗に分けられた硬度別の素材の力を借りて、お伝えしてみたいと思います。

私は、鬼以外の硬度は一応全て保有していますので、このホールは、この硬度に近いと言った感じでお伝えしてみょうと思います。この方法をもってしても、素材によって粘りや特性が違い、素材の大きさなどによっても揉んだ感触の感じ方が微妙に変わってきますので、正確にお伝え出来るかと言えば、不安定な部分があるので何とも言えません。あくまで、一つの参考資料としてご覧いただければ幸いです。

ハード素材という事で、バリ硬(+2)から比較してみましたが、バリ硬(+2)の方が若干柔らかく感じます。

一つ硬度を上げてギチ硬(+3)と比較してみると、大体似たような硬度に感じましたので、ヴァージンループストロングピッチハードの硬度はギチ硬(+3)で決定したいと思います。


パッケージ画像1
パッケージ画像2

ヴァージンループストロングピッチシリーズ

ご感想募集 ご感想を募集中!

当サイトでは、オナホールのご感想を募集中です。辛口ご意見、管理人のレビューと180度違うレビューも大歓迎です。また、一度ご投稿いただいたホールでも、使っていくうちに違った感想が出てきた場合は再度ご投稿下さって構いません。文章の量は極端に短すぎなければOKです!

お名前(ペンネーム可)
ホール名
気持ちよさ
メンテナンス
耐久性
コストパフォーマンス
しまり具合
刺激
匂い
油っぽさ
柔らかさ
裏返し
ホールのご感想

送信が上手く出来ない場合は、こちらのフォームからご送信下さい。

ヴァージンループストロングピッチハード|口コミ、ユーザーレビュー

この製品のユーザーレビューはまだありません。