詳細検索

名器の品格 BLACK LABEL

全ての無次元ホールの生みの親の正統進化バージョン

国内初の無次元構造オナホール、名器の品格が大型化&リニューアル。縦ヒダ、シワ、粒イボ、かずのこ天井、ポルチオ突起など、初代名器の品格の無次元構造を踏襲しつつ、インナー素材にねっとりとした柔らかい粘膜質な素材を使用した2層構造となっている。
名器の品格 BLACK LABELの商品画像
名器の品格 BLACK LABELのレーダーチャート
人気
気持ち良さ
メンテナンス
耐久性
コスパ
販売店
サイズ 全長20.6cm 重量806g
メーカー N.P.G.(エヌピージー) 価格 税込み8,228円
発売年 2021年 素材名 momochi
締り具合 ゆるい 刺激 弱い
匂い 気にならない 油っぽさ 気になる
柔らかさ とても柔らかい 裏返し ×
種類 非貫通式ホール 無次元加工 2重構造

ツイートボタン この商品をつぶやく・・・

今から14年前に誕生したオナホの革新的な新構造が無次元加工と呼ばれる構造です。無次元構造は、覗いても先が見えないほどぴたっと閉じた穴で、亀頭を割り入れながらこじ開けていくような感覚を得る事が出来る構造となっています。

無次元構造誕生以前は、ヒダやイボなどの単純な組み合わせから出来ている物ばかりでしたから、そのリアルなテクスチャーは衝撃的でしたね。まるで女性の膣内をそのまま再現したような細かなイボやシワから構成されたビジュアル的なインパクトが凄かったです。

見た目だけでなく使用感も、より本物に近い挿入感を実現させていて、オナホの構造の革命とも呼べる出来事でしたね。あの時もし、長州力がオナホレビューアーだったら、きっとこう言っていたでしょう。

前置きが長くなりましたが、今回レビューするオナホールは、その無次元構造を世に送り出した元祖、名器の品格を正統進化させた新作です。

これまでも、名器の品格という名前をつけた製品が無かった訳ではありませんが、初代のようなヒットには恵まれず、大した話題にもならないまま埋もれていきました。今回はそういった失敗点を踏まえたのでしょうか、初代の名器の品格をしっかりとリニューアル、進化させてきています。

名器の品格の代名詞とも言える、桐箱に入っている点からもメーカーのこの製品にかける意気込みが伝わってくるようですね。それでは早速、令和に生まれ変わった、全ての無次元の生みの親の進化バージョンをじっくりと試していきたいと思います。

管理人レビュー

まず驚かされるのはホールの長さが20.6cmもあるという点です。長い、長いと言われていた@15ですら19cmですから、このホールがいかにロングサイズなのかが分かります。ただ、NLSさんのサイトにある断面図を見てみると、底の方まで挿入出来る訳ではなく、かなりの厚底設計なんですよね。

アウター素材はふんわりとしていますが、適度な弾力がありロングサイズでもしっかりと形状が保たれています。オイルブリードは相変わらずありますが、匂いは鼻を近づけてもそれほど気になりませんでした。

本体は初代と同じ蛇腹形状で、入口付近に厚みとボリュームを持たせています。ぷにっと飛び出た大きな恥丘にリアルなヴァギナがあり、中心部に約1cm程度の丸い穴が開いています。

早速、内部にローションを流し込み挿入してみます。入口の穴は小さめですが、半勃起程度でも何とか押し込めそうな穴です。挿入感は、正に名器の品格と言った感じで、メリメリと穴をこじ開けていく無次元特有の感触が心地良いです。

ゆっくりと押し進めると、ねっとりとした粘膜質なインナー素材がペニスに貼り付くように絡んできます。アウターより柔らかいインナーで、低刺激でまったりとした刺激なんですが、めちゃくちゃ感触が気持ち良いです。

ゆっくりと動かしてみると、微かに内部の起伏が伝わってくるのが分かります。ヒダやイボのようなゴツゴツやゾリゾリといった大味な感触ではなく、あくまで女性膣内といった感じの、生の感触が伝わってきます。亀頭の先から舐め上げてくるような内部の感触は、正にジワジワ系の最高峰と言った感じで、ペニスの出し入れが気持ち良すぎです。

ただロングサイズ過ぎて、やはり片手でのストロークはかなり無理があるように感じます。そこが弱点ですね。両手で持ってストロークしたりしてみますが、やはりしっくりきません。

そこで、ベーグルクッションに挟んで使ってみると、両手でしっかりホールド出来るようになり、腰を振れば生っぽい感触がたまりません。腰を振るたびにパンパンと恥丘が当たってくるのも、いやらしさがあって良いですね。あまりの気持ち良さで、みるみる射精感が込み上げてくるのが分かります。

もう一つのお勧めの使い方はhandyへの装着です。詳しい取り付け方法は後述しますが、クッションに固定して腰を振るのとはまた違って、誰かにやってもらっている感があり、これまた気持ち良かったです。腰を振るのは疲れる、両手でホールドするのは疲れるって人には特にお勧めですね。

耐久性に関しては、もうひと頑張り欲しかったのが正直な印象です。入口が若干裂けたのと、インナーの接着がそこまで強くなく、めくれやすそうに感じます。

とは言え、一通り楽しんでみて初代名器の品格が好きな私としても、正統進化といった部分では良く出来ていたと思いました。初代より良い物を作ろうとするメーカーの心意気が、しっかりと伝わってきたのがとても好印象でした。

名器の品格 BLACK LABELの詳細画像

  • 取り寄せたNLSの梱包画像です。

  • 白いカバーを外すと桐の箱が出てきました。高級感を演出する桐箱ですが、ラベルを剥がせば小物入れにも使えそうです。

  • 重量はハンドホールとしては最大クラスとなる806gもありました。

  • 全長が20.6cmと超ロングサイズです。20cmを超えるホールは初めてみました。正直ストローク性は悪く、ハンドホールとして使うのはかなり難しいサイズではあります。

  • オイルブリードは、まぁ今まで通りかなと言う感じですね。ふんわりとした手触りで弾力もあります。

  • 入口は名器の品格と全く同じリアルタイプです。

  • 片手で使うのが厳しいサイズなので、クッションやピローに固定して腰を振る使い方がお勧めです。

  • 初代と違って2重構造に進化しました。粘膜質な素材でただ貼り付けただけの薄いインナーとは違い、しっかりとした厚みがあり、アウターよりも柔らかい素材です。

  • 膣圧もしっかりと感じ、名器の品格特有の掻き分ける感触があります。

  • 軸のズレもなく奥まで掻き分け感が続きます。底はかなり厚みがあるので、挿入長自体は初代と変わらないかもしれませんね。

名器の品格 BLACK LABELの硬度はどれくらいか?


ホットパワーズ素材の硬度一覧

素材の柔らかさをお伝えするのに、単に柔らかいや固いと言っても、それぞれ個人の基準でバラバラなので、正確に伝える事は難しいです。そこで実験的な試みとして、ホットパワーズの綺麗に分けられた硬度別の素材の力を借りて、お伝えしてみたいと思います。

私は、鬼以外の硬度は一応全て保有していますので、このホールは、この硬度に近いと言った感じでお伝えしてみょうと思います。この方法をもってしても、素材によって粘りや特性が違い、素材の大きさなどによっても揉んだ感触の感じ方が微妙に変わってきますので、正確にお伝え出来るかと言えば、不安定な部分があるので何とも言えません。あくまで、一つの参考資料としてご覧いただければ幸いです。

ホットパワーズの大型サイズとどちらが大きいか気になったので比べてみました。ホッパの大型サイズは17cmなので、長さは完全に名器の品格 BLACK LABELの方が長いですね

ただ太さはホッパの大型の方が太く、重量的には互角位でした。

アウター素材はふんわりと柔らかいですが適度な弾力があり、ふわトロという感じではありません。 アウター素材の硬度は定番(0)よりは少し柔らかいので柔(-1)相当に感じました。

指を入れて内部のインナー素材の感触を確かめると、かなり柔らかく感じます。アウター素材より柔らかくしてある感じで、ふわトロ素材のインナーを弾力を持たせたアウターでコーティングしてある感じです。

インナー素材の硬度はバリ柔(-2)位の感触がありました。

名器の品格 BLACK LABELのメンテナンス方法

  • 裏返しは入口が裂けそうですし、2重構造なのでやめて方が良さそうです。

    という事で、内部の乾燥に珪藻土スティックを使いたい所ですが、珪藻土スティックは折れやすいという弱点があります。もう、何本折ったか分からない位です。

    例えば、ケースに入れていたとしても、数センチの位置から落としただけで割れる場合があります。珪藻土スティック自体の性能は申し分ないのですが、本当に衝撃に弱いので取り扱いが難しい商品でもあります。

  • そんな珪藻土スティックよりも圧倒的に取り扱いが楽なのがPVAスポンジです。この商品は一時期販売終了していましたが、最近また復活しましたね。

    珪藻土スティックと違って、高密度なスポンジなので、折れる心配がありません。長さも17cmと長いので、ロングサイズホールでも奥まで届きます。

  • スポンジなので、内部を傷つけるリスクも低く、また折れないので挿入したあと揉みながら吸い取らせる事が出来て、珪藻土スティックよりも吸い取り速度が速いという特徴もあります。

    個人的には、もっと普及しても良いんじゃないかなと思える位に優秀なメンテナンスグッズだと思います。

  • 油っぽさが気になる人は、ホッパのおもちゃ袋が便利です。一番大きいサイズで収納が出来、入れたままで使うと本体を触らずにすみます。

製品名 G PROJECT HOLE QUICK DRY PVAスポンジSTICK II
販売店
価格 税込み1,000円前後~

製品名 オナホ収納袋キンチャック
販売店
価格 税込み216~324円

名器の品格 BLACK LABELと電動オナホールの相性は?

このサイズのホールが取り付けれる電動オナホールはhandy以外に無いでしょう。handyにはこういったロマンがあるから面白いですねー。

ただ、そのまま装着するのは、ホールが揺れまくって上手く動かせません。そこでホールを固める為に100均の巻きすに巻き付けて装着しました。

ベルトの固定位置がかなり後方になりますが、そのおかげで前半部は思ったほどキツキツにならず適度なユルさで使う事が出来ます。

最高速で動かすとホールが吹っ飛びますw使えるのは低速~中速までと限定的にはなりますが、handyで動かす事は可能でした。

個人的には、この手のまったり系ホールを好む人は、あまり高速でガンガンホールを動かすような使い方はしないと思うんですよね。むしろ、低速~中速域でジワジワと動かす方が、このホールを好むユーザー層にあっているんじゃないかなと思います。

片手で動かすのが厳しいサイズのホールなので、まったり長時間楽しみたい人には、handyに装着してみるのをお勧めします。稼動する様子を動画にも載せていますので興味のある方はご覧下さい。

電動オナホールとの相性

A10シリーズ ×
KEON ×
handy


パッケージ画像1
パッケージ画像2

名器の品格シリーズ

ご感想募集 ご感想を募集中!

当サイトでは、オナホールのご感想を募集中です。辛口ご意見、管理人のレビューと180度違うレビューも大歓迎です。また、一度ご投稿いただいたホールでも、使っていくうちに違った感想が出てきた場合は再度ご投稿下さって構いません。文章の量は極端に短すぎなければOKです!

お名前(ペンネーム可)
ホール名
気持ちよさ
メンテナンス
耐久性
コストパフォーマンス
しまり具合
刺激
匂い
油っぽさ
柔らかさ
裏返し
ホールのご感想

送信が上手く出来ない場合は、こちらのフォームからご送信下さい。

名器の品格 BLACK LABEL|口コミ、ユーザーレビュー

y.n様の評価
気持ちよさ 2点 メンテ 2点
耐久性 3点 コスパ 3点
しまり具合 ゆるい 刺激 弱い
匂い 気にならない 油っぽさ 普通
柔らかさ とても柔らかい 裏返し ×
柔らか過ぎて刺激がほとんどない、初代の品格の方が良かった。
送信日時 : 2022/02/20(Sun)
鈍行様の評価
気持ちよさ 6点 メンテ 3点
耐久性 5点 コスパ 3点
しまり具合 ゆるい 刺激 弱い
匂い 気にならない 油っぽさ 気になる
柔らかさ とても柔らかい 裏返し ×
以前よりも随分柔らかくなったと言われる初代の上付き、下付きを経験の上で購入。
刺激が弱すぎ、今一つ魅力を感じられず。
初代は、「へばりつく」ような感覚で、耐久性皆無でも気持ちよかったのですが、そのへばりついてくる感覚がなく、想定以上に残念。
送信日時 : 2021/12/09(Thu)
リアル系が好きなさすらいのオナホ好きさん様の評価
気持ちよさ 10点 メンテ 2点
耐久性 2点 コスパ 4点
しまり具合 ゆるい 刺激 やや弱い
匂い 気になる 油っぽさ 気になる
柔らかさ とても柔らかい 裏返し ×
※ローションどれ使うのかは凄く大事
※ドールに付けたり片手でプレイしてます

リアル系の中でも最高峰と言っても良いのではないでしょうか。
締めつけはあまりありませんが、空気抜きしてもしなくても気持ち良い…
酔いしれるような心地で快感に浸れます。
送信日時 : 2021/11/09(Tue)