詳細検索

ボクのおなぺっと2 レビュー

大人気「ボクのおなぺっと」の第二弾。

低価格ホールで絶大な人気を誇る「ボクのおなぺっと」の第二弾。同素材を使用し、内部は入り口から奥まで先細りしていくヒダ構造。初代ボクオナよりロングになって肉厚もアップしているが、価格は変わらずというコストパフォーマンスに優れた一品。
ボクのおなぺっと2の商品画像
人気
気持ち良さ
メンテナンス
耐久性
コスパ
販売店
サイズ 長さ:16.5cm 径4.5cm 重量:200g
メーカー MATE(メイト) 価格 税込み700円前後~
発売年 2009年 素材名 なし
締り具合 普通 刺激 やや弱い
匂い 気にならない 油っぽさ 気にならない
柔らかさ 柔らかい 裏返し
種類 低価格ホール 非貫通式ホール ヒダ系ホール
管理人レビュー

低価格帯で絶大な人気を誇るボクおなの2が発売されることとなりました。思えばボクおなは、当サイトを立ち上げる時に、2ヶ月位の期間で40本ほどをまとめて試したのですが、並み居る高額ホールがある中、最も気持ち良くて印象に残ったホールでした。

当時の私はオナホって、ある程度の価格とボリュームがないと駄目なんだろうなぁという先入観があり、1000円にも満たないボクおなは、ほんのオマケ程度にしか思っていなかったのですが、病み付きになるような挿入感の良さに心を奪われ、オナホの性能は価格には比例しないものなのだなぁと、その奥の深さを思い知らされた一品となりました。

それから月日は流れましたが、ボクおなは未だにに低価格帯では他の追随を許さない不動の人気を誇っています。その続編となれば、いやが上にも期待は高まります。何やらこの業界には、2などの続編は初代を超えれないといったジンクスのような物がありますが、果たしてボクおな2の実力はいかに。

■初代とボクオナ2を比較してみました。
右がボクオナ2です。中型ホール並の長さが確保されて低価格ホールとは思えないロング設計です。これで700円程度かぁ~オナホ界に価格破壊がおきそうな衝撃です。匂いはいずれも全く気にならないレベルでしょう。 柔らかさや素材の質感はまったく変わらないですね。ふんわりしていて耳たぶのような触り心地の良さなので、しばらくムニュムニュの感触を楽しみました。
右がボクオナ2です。激的に太くなったというほどではなく、若干肉が付いたかなぁという感じです。 多少の造型の違いこそあれ、お馴染みの入り口です。実測で約9mm程度の小さな挿入口です。

今回は、初代のボクおなと徹底して比較してやろうと意気込んで、両方挿し比べてみることにしました。上にもありますように、質感や柔らかさは変わらず、全くの同素材を使用していると言っても良いでしょう。手に持った感じでは長さ以外は、そこまでボリュームがアップしたような感じでは無いんですけどね。

入り口が非常に小さいですが、素材が圧倒的に柔らかく伸縮性に富んでいるので、少し力を入れれば痛みも無く挿入できます。やはり柔らかいホールは、非常に挿入感が良いですね。やんわりとペニスを包み込みながら奥まで押し進める時の心地よさは、ボクおなの真骨頂ともいえるでしょう。

ストロークしてみると、ヒダの刺激は弱めで非常にマイルドに感じます。初代と挿し比べると、初代はきめ細かいヒダがジョリジョリきますが、2はもう少しヒダの間隔があるようで、初代ほどのきめ細かさは感じない優しいヒダです。

奥の方が先細りしているので、たいしたバキュームではありませんが、空気を抜くと密着性がアップするように感じます。個人的には、空気は抜かない方が好きかな。ヒダの間隔が3段階に分かれているので、手前の大ヒダと奥の細ヒダでは刺激のリズムが少し変わってくるし、アクセントがつけやすいのは良いです。先細りのホールはあまり好きではなかったのですが、異常に柔らかい素材なので痛みやキツさというものが感じられず、狭いのにまったりとした気持ち良さがあります。

どっちが気持ち良いか?と問われると非常に難しいですね。ヒダの好みで言えば初代の方が好きですが、ロング化されたことによって、初代より底を気にせず奥まで突けるので、肉感の満足度では2の方が高いです。私は一長一短あって互角と感じましたが、初代のきめ細かなヒダを気に入っている人には、2のヒダのマイルドさは期待外れに感じる人もいるかもしれませんが。

ただ、初代は品質面で相変わらず安定していないようで、今回買った(2009年4月)ボクおなも前回ほどではないですが、芯ズレしていました。2は手元にある一本だけで、全体を推し量る事は出来ませんが、芯ズレもなかったです。初代同様に底の薄さは気になりますが、ロング化された分、初代ほど無理に奥を突く事も無いので、比較的安心してストロークに専念出来るのが何より良かったです。

ボクおな位の柔らかさを持ったホールは他にもありますが、そのほとんどが耐久性が良くなくて、一発で入り口が裂けたり、内部がボロボロになったりするのですが、それらに比べるとボクおな素材はとても耐久性が高いと感じます。この柔らかさで、この小さな入り口で、ほとんど裂けなかったのは感動すら覚えました。内部のヒダは賛否両論ありそうですが、初代同様に今後低価格帯を引っ張っていく一本になることは間違いないでしょう。

ボクのおなぺっとシリーズ

パッケージ画像1
パッケージ画像2

オナホールの詳細画像


ご感想を募集中!

当サイトでは、オナホールのご感想を募集中です。辛口ご意見、管理人のレビューと180度違うレビューも大歓迎です。また、一度ご投稿いただいたホールでも、使っていくうちに違った感想が出てきた場合は再度ご投稿下さって構いません。文章の量は極端に短すぎなければOKです!

お名前(ペンネーム可)
ホール名
気持ちよさ
メンテナンス
耐久性
コストパフォーマンス
しまり具合
刺激
匂い
油っぽさ
柔らかさ
裏返し
ホールのご感想

送信が上手く出来ない場合は、こちらのフォームからご送信下さい。