トップページ
サイトマップ
オナホールの基本
非貫通式の空気抜き
ローション比較 使い方
オナホールとコンドーム
自家製ちんかけエプロン
オナホ温めグッズ
温め方を考える
温め方を考える2
洗浄と保管方法
オナホールのメンテナンス
補修実験と創作
オナホ振動化計画
オナホ振動化計画2
手作りオナホケース
オナホールの買い方
オナホールアンケート
オナカップ
TENGA
低価格オナホール
貫通式オナホール
非貫通式オナホール
無次元加工
フェラ系ホール
オリジナルホール
フレッシュライト
電動式オナホール
【電動】A10サイクロン
A10サイクロン 改造
【電動】A10ピストン
専用カップホール
据え置き型ホール
未掲載のオナホール
アダルトゲーム
USBオナホール
オナホールのセット
その他
エアーダッチ総合
ラブボディココ(Coco)
ラブボディヒナ(hina)
ラブボディミユ(miyu)
ラブボディレン(ren)
ラブボディアキ(aki)
ラブボディリサ(risa)
ラブボディナナ(nana)
ラブボディココ写真館
ラブボディヒナ写真館
ラブボディミユ写真館
ラブボディレン写真館
ラブボディアキ写真館
ラブボディリサ写真館
はめドル育成中! ! ナコ
はめドル育成中! ! ナコ コスプレ写真館
はめドル育成中! ! ヒヨコ
はめドル育成中! ! ヒヨコ コスプレ写真館
空気少女 宇佐羽えあ
宇佐羽えあ写真館
初めての綿入れ
ラブカバー専用ピロー
オンナノコのカラダ
KUU-DOLL(くうドール)
KUU-DOLL(くうドール)2
ラブ ヴィーナス
ラブ ヴィーナス写真館
おっぱいグッズ
注意・免責事項
お問い合わせ

TOP>>オナホールの基本
オナホールの基本
オナホールの種類
オナホールは大まかに分けると簡易型と貫通式、非貫通式の3種類に分類されます。また、様々な特徴を持たせた製品が発売されていて、さらに細かく分類されて呼ばれるケースもあります。まず近年のオナホールを知る基本的事項としまして、これらの特徴ごとに区別されるオナホールの分類について解説させていただきます。

簡易オナホール
【オナカップ】
代表的ホール
ミライノオナニー
TENGA
オナカップと呼ばれる簡易ホールで、ローションが染み込んだスポンジを樹脂ホールに巻きつけて、プラスティックの容器(カップ)にセッティングされているのが一般的です。

すぐに使える便利さと安さが売りですが、最近は一般ホールでも低価格化が進み、価格面だけでは勝負できなくなってきているのが現状です。基本的に使い捨て設計な点も、一般ホールと比べるとかえって割高感があり、消費者にとっては大きなマイナスポイントだとも思います。

ただ、 一部商品では一般ホール並みのこだわった内部構造をもたせたり、グッドデザイン賞にノミネートするほどの優れたデザイン性で、他の簡易ホールとの差別化を図ろうとする物も出始めていて、いい物だけが売れているという図式がより明確になってきているように思います。
【低価格オナホール】
代表的ホール
ボクのおなぺっと
一般ホールで低価格なものは、簡易ホールとして分類される場合があります。低価格の場合、コスト的にどうしてもボリューム面で中型ホールにはかないませんが、現在の低価格ホールの一部商品では、もはや簡易ホールとは呼べないほどの趣向が凝らされた高機能なものも発売され、人気を呼んでいます。

低価格ホールが見直されたきっかけは、やはり「ボクのおなぺっと」の存在が大きいでしょう。「ボクのおなぺっと」は一見すると何の変哲もないホールに見えますが、使ってみたら素晴らしかったということで話題を呼び、一気にブレイクしました。元々メーカー側も、ここまで人気が出るとは予測していなかったのではないでしょうか。偶然に生まれた名ホールのような気がします。でも、口コミの力はやはりすごいですね。

そのおかげもあって、低価格ホールであっても、ちゃんと抜けるしっかりしたものが求められるようになってきました。一昔前の安かろう悪かろう的な発想のホールでは、すぐに消えていく運命にあるとも言えます。

貫通型ホール
【貫通式オナホール】
代表的ホール
挿しつ抜かれつ
貫通式オナホールとは、挿入口からホール底まで穴が貫通しているタイプのホールのことです。ホール内部の掃除がしやすいなどのメリットはありますが、非貫通式と比べると吸い付きやバキューム感などが得にくい点で、現在このタイプは主流ではなく、やや存在が薄い印象があります。

ただ、独特の柔らかさを持つ「挿しつ抜かれつ」など、いまだに根強い人気を持つホールも一部存在します。

非貫通式オナホール
【非貫通式オナホール(中型)】
代表的ホール
東京名器物語
非貫通式の中型オナホールは、ホール市場において主力商品であり、あの伝説級名器もここに分類されます。ボリューム的にも申し分なく、低価格のホールでは味わえないような包み込まれるような挿入感があります。

非貫通式とは文字通り貫通していないホールのことで、最大の特徴として空気抜きをすることによって、バキューム効果が発生する点にあります。

ゆる系、キツ系、中にはガバ系(ゆる系よりさらにゆるい)なんてホールもありますし、素材においても柔らかいものから硬めのものまで様々なタイプが発売されていて、どれにするか迷うほどの充実したラインナップです。

それなりの価格はしますが、最もオナホールらしい気持ちよさを味わえるので、一度はトライしてみる価値のあるカテゴリーだと思います。
【まったり(ユル)系オナホール】
代表的ホール
ゲルトモ
非貫通式オナホールの中で、ユルいオナホールはユル系やまったり系などと呼ばれます。

この系統で代表的なホールといえば、何と言っても「ゲルトモ」でしょう。低刺激でありながら、大口径の穴から生み出される強烈なバキューム効果によって長時間じわじわと、まったりとした刺激を楽しみたいといった層に絶大な人気があります。

【ガバ系オナホール】
ユル系の中でも特にユルいホールで、もはやガバガバ?なほどのユルさをもったホールを、最近ではガバ系などと呼ぶ場合があります。

代表的なホールは「@15(アットフィフティーン)」で、全長19cmという規格外の大きさを誇ります。

内部の特大空間から発生するバキューム効果はさらに強烈さを増し、まったり志向の人は勿論、内部がヒダ加工なのでゲルトモのイボを嫌う人などに好まれています。

【リアル系オナホール】
オナホールにおいては、内部形状に趣向こらせ、いかに本物の女性器より気持ちいい刺激を生み出すかということコンセプトに日々開発されていますが、このリアル系はそういった内部加工を施さず、逆に本物の女性器の感触に近づけるということをコンセプトにしています。

本物志向なので、まったり低刺激ですが、オナホールの人工的な刺激を嫌う人やリアル追求型の人に好まれブレイクしています。
【高刺激系オナホール】

ゴリゴリとした強い刺激の高刺激系オナホール。ゆる系やまったり系とは真逆をいく存在です。

慣れない人には痛いくらいですが、こういった高刺激ホールを好む人も存在します。ゆる系が、ヒダの刺激やバキュームを長時間かけて楽しめるのに対し、高刺激系は、短時間で絶頂を向かえる即イキタイプのような気がします。

代表的なホールは「姉恥好2穴見酒」で、もはやヒダとは呼べない大きな段差からのゴリゴリとした強い刺激は、痛さを通り越したところにある?!未知の快感「痛さの向こう側」が見えるかもしれません(笑)

【ワインディングオナホール】
従来のストレートな穴と違って、特殊加工により、うねるような加工を施したホールをワインディングホールと呼びます。

うねらせた穴の形状によって、通常のホールとは違った刺激を持たせようとしたものであり、現在の内部特殊加工ブームの先がけとなった形状でもあります。
【オリジナルオナホール】
代表的ホール
淫魔(サキュバス)
アダルトグッズショップの中には、独自のオナホールを販売しているお店があります。お客さんの意見を反映させ、豊富な経験と知識から生み出されるオリジナルホールは、近年の人気傾向を熟知したアダルトグッズショップだからこそ作れる、お店の看板商品でもあります。

すし通の人は、ギョク(たまご)から注文する言いますが、これは最初に基本料理を頼むことで、板前さんの腕をみる、つまりギョクは下手なごまかしが利かず、最も料理人の腕による差がでやすいからだそうです。

オリジナルホールも、すし屋でいうギョクのような存在ではないかと私は思っています。ざっと並ぶすし屋(グッズ店)のカウンターの中で、ギョク(オリジナルホール)だけが手作りで、味付けは料理人(グッズ店)による差がでるため、、「よし。このギョク(オリジナルホール)を作れる職人だったら大丈夫」と、そのお店の実力を測る一つの「ものさし」だとも言えるのではないでしょうか。

全オナホール共通
【キツ系オナホール】
代表的ホール
つぼみちゃん
こざる
特にカテゴリーに関係なく、しまりの強いホールをキツ系ホールなどと呼びます。「ゆるさ」を好む人がいる反面、当然ですがこういった「きつさ」を好む人も存在します。

代表的なホールとしては、「つぼみちゃん」あたりでしょうか。そそり立ったペニスしか受け入れない、数ミリにも満たない極小サイズの入り口は、裂けやすいという宿命を背負っていますが、中には10個パックなどで販売しているお店もあり、その中毒性の高さもうかがえます。

貫通式〜非貫通式両用オナホール
【黒船系オナホール】
アメリカから輸入されるオナホールで、「フレッシュライト」があります。特に呼ばれたりはしませんが、勝手に「黒船系」と名づけてみました^^;

国産ホールを子供扱いするほどの大きさを誇り、貫通から非貫通まで自在にコントロールできるケースに巨額な開発費をかけたインサートジェル(内部素材)など 、これまでの国産ホールの常識を根底からくつがえし、エロの本場日本の地位を脅かすインパクトを持っています(笑)



オナホールの内部加工
オナホールの内部には様々な加工が施されていて、そのホールの特徴を左右する大きな要素といえます。以下は現在主流の代表的な加工です。

【ヒダ加工】
【イボ加工】
内部に蛇腹状のヒダを施したもので、刺激アップに効果的な点から、多くのオナホールに採用されています。

人工的な刺激ですが、ヒダの間隔や高さ、柔らかさなどで刺激の幅も変化に富んでいて、オナホールが本物より気持ちいいなどと言われる要因は、この加工があるからのようにも思えます。
内部にイボ状の突起を散りばめた加工でヒダ加工と並び、よく用いられる加工です。

イボの大きさ固さなどによって刺激の変化がつけられますが、あまりゴツゴツとしたイボが主張しすぎるタイプは人気がありません。ヒダ加工よりは好みの分かれる加工だと思います。
【無加工】
【無次元加工】
内部の加工をまったく施さないタイプでリアル加工と呼ばれたりもします。

リアルな反面、ヒダやイボに比べて刺激面は及びませんし、ローションが乾きやすく、垂れやすいなどの欠点があるように思います。

内部形状や素材によって、本物に近い挿入感を持たせたものが人気です。
名器の品格によって登場した「穴のない穴」。従来とは違った工法によって生み出される内部は、うねりやひねりなどが加えられ、2次元から3次元へと進化しました。道なき道を押し進めて、隙間を挿入していく感触が味わえます。

度肝を抜く、内部形状は究極のリアル系とも言えますし、今後新たな系統として増えていくであろう新構造です。派生系で3Dスパイラル工法やピーク工法などがあります。



オナホールの素材
オナホールでは様々な素材が開発されていますが、匂いがきつかったり、油っぽくべたべたしたり、耐久性が悪かったりするものも多く見受けられます。こちらでは、そういった問題点を改善した素材の中で、よく名前のあがる素材をご紹介いたします。

【ゲルトーマ】
【セーフスキン】
【ベビースキン】
ゲルトーマとは医療用などに開発された素材で、特徴としては非常に柔らかく耐久性も高いです。

更に、表面のベタつきや匂いなども軽減され、燃やしても有害物質が出ないという優れた安全性も兼ね備えた素材です。

ちなみに、ゲルトーマとは素材名ではなく正式には添加物名だそうです。
無臭で油脂分をほとんど出さないサラッとした使用感の新素材です。

触り心地はとにかくサラサラで柔らかく、ずっと触っていたくなるような手触りの良さです。表面は水を弾く感じで、洗ってもすぐサラサラ状態に戻ります。

安全性も高いので、現時点でオナホールの素材としては、最高の素材かも?と私は思っています。
2007年に新開発された低反発・高耐久性の新素材です。

セーフスキンと比べると少し化粧品臭い匂いがあります。

サラサラで柔らかい感触ですが、内部素材として考えると、もう少し粘りが欲しいとも思います。



c 当サイトの画像、文章、内容を許可無く転載する事を禁止いたします。

大人の玩具オナホールはジョークグッズです。ジョーク以外でのご使用は、自己責任でお願いします。また、体験レポートは管理人の感想です。個人差があり、保証する効果・効能ではありませんのでご注意ください。



オナホールの基本 非貫通式の空気抜き ローション比較 使い方 自家製ちんかけエプロン
温め方を考える 温め方を考える2 洗浄と保管方法 オナホールのメンテナンス
補修実験と創作 オナホ振動化計画 オナホールの買い方  オナホールとコンドーム
オナホ温めグッズ      



Copyright (C) オナホール体験レポートのオナホねっと All Rights Reserved
サイト内の画像および文章は無断転載を禁止いたします