詳細検索
据え置き型オナホール

ぷにあなSPDX レビュー

骨格の入った「ぷにあなDX」のスペシャルバージョン。

高弾力骨格シリコンを内蔵したぷにあなDXのスペシャルバージョン。4kgもの重量があり、内部構造はヴァギナとアナルの2穴タイプ。ヴァギナ部には手前と奥とで硬度の違う2重構造が施されている。アナル部は有機ヒダ加工。ぷにあなDXにはなかった上半身もあり、ちいさなおっぱいも再現されている。
ぷにあなSPDXの商品画像
人気
気持ち良さ
メンテナンス
耐久性
コスパ 10
販売店
サイズ 縦32cm 横21cm 厚み11.5cm 重量4kg
メーカー EXE 価格 税込み18,000円
発売年 2015年 素材名 なし
締り具合 ヴァギナ ややきつめ
アナル ややきつめ
刺激 ヴァギナ 普通
アナル 弱い
匂い 普通 油っぽさ 気にならない
柔らかさ 普通 裏返し ×
種類 非貫通式ホール 大型・据え置き型 ヒダ+イボ 2重構造 骨格パーツ内蔵 くぱぁ型の入り口

据え置き型ホールで人気のぷにあなDXですが、スペシャルバージョンのぷにあなSPDXというのが発売されたので取り寄せてみました。スペシャルになった事で重量が4kgとこれまでの倍くらいのサイズになっていて、価格もかなり高額となっています。

高額になったのはサイズアップだけでなく、内部の高弾力骨格シリコンという骨格が内蔵されたからに他なりません。この骨格フレームが相当力が入っていて、ちゃんと肋骨や背骨などがきっちりと再現されています。パッケージの骨格画像は、さながら理科の実験室に置いてあるような骨格模型のようですね。

骨格入りはマジックアイズの「オンナノコの解体新書」などが先行していますが、EXEも骨格フレーム入りを出してきた事で一気に骨格ブームが来そうな予感さえします。果たして骨格が入った事で使い心地にどういった変化があるのか、しっかりとチェックしていきたいと思います。

どういった梱包、荷姿で送られてくるのか、箱のサイズは?
製品の細部をチェックしてみる
ライバル品との大きさ比較
気になる使用感はいかに? レビューはこちら

どういった梱包、荷姿で送られてくるのか、箱のサイズは?

NLSの梱包画像です。ダンボールは45×35×22cm位のサイズです。思ったより箱が大きくてびっくりしました。ダンボールを開けますと、製品の箱はそれより小型でショック防止用に紙が詰められていました。

こちらが製品の箱です。サイズは38×25×18cm位。かつてこれほど金ピカのパッケージがあったでしょうか。特別仕様という事でかなり気合の入ったパッケージですが、保存用として考えますとちょっと目立ち過ぎて使いにくいかもしれませんね。

製品は上下から挟み込むタイプのブリスターケースに収められていて、変形や型崩れの心配が少ないのは良いですね。

製品の細部をチェックしてみる

両手で握ってみますと、大きくなったとはいえ幅は通常のぷにあなDXと変わらないサイズです。上半身の分の重量と骨格の重量が加わった事で4kgという重さになっています。4kgは持ってみますとかなり重いですね。

ちいさなおっぱいが付いている幼女ボディ。S字のラインやぷくっと出たお腹など、造形は申し分ありません。
パッケージのように立たせてみました。素材のみですと、これほど縦長ならだらんと垂れそうですが、骨格が入っているので見事に立っています。背骨の部分も画像では分かりにくいですが、触った感じが骨格がある事によってかなりリアルな触り心地です。

幼女サイズのちいさなおっぱい。感触は正直言って固いですが、見て楽しむ分には良く出来ていると思います。欲を言えば、乳首が着色されていたら更に良かったですね。

入り口はおなじみのくぱぁタイプで、すじまんを広げると中に2重構造になった穴が見えます。

内部は前半と後半で交互に違う2重構造が用いられています。あまり大きな段差がなく、小さいイボがメインの作りとなっています。

2穴式でアナルもついています。アナルは2重構造ではなく、細かいヒダの加工が施されています。
正常位で挿入した時の見た目は、上半身がある事で更にそそられる見た目となりました。正に禁断の光景といった感じです。
ヴァギナ部の挿入角度は水平に近い感じですね。

アナルのバックからの見た目も相当やばくなっています。個人的に背中のラインがたまりません。

こんな風に手前側を持っても上半身はS字カーブを維持しています。骨格が入った事で、見た目的にはかなりよくなったなという印象です。

ライバル品との大きさ比較

■ 真性 極上生腰と比較してみる

価格的には同価格帯となった真性 極上生腰と比較してみます。素材の柔らかさは圧倒的に極上生腰が柔らかいです。大きさは厚みは極上生腰で、長さはSPDXの方が長いです。


■ ぷにあなDXと比較してみる

ぷにあなDX はーどエディションと比較。横幅はそれほど変わりませんが長さが倍近くあります。素材の柔らかさはSPDXの方がほんの少しだけ柔らかく感じました。恐らく、ノーマルのぷにあなDXと同じ硬度のように思います。


■ 夢生腰と比較してみる

夢生腰と比較。横長と縦長の違いがありますが、厚み的には同じ位でトータル重量では夢生腰の方が若干重いですね。素材の固さは夢生腰の方が柔らかいですが、匂いは夢生腰の方が臭いです。


■ 艶めき生腰と比較してみる

艶めき生腰(左)と比較してみました。さすがに艶めき生腰は大きいですね。穴の高さも違うので床に置く場合は圧倒的に艶めきが使いやすいです。しかし、手持ちとなるとSPDXの方が軽く扱いやすいでしょう。

素材の柔らかさは比べるまでもなく艶めきのほうが柔らかいです。油っぽさは艶めきの方があって、匂いはほぼ同等かなといった感じです。


管理人レビュー

まず重さが4kgになった事で持った時の重量感がすごいです。素材はサラっとした素材で匂いは鼻を近づけるとオイル臭がありますが、それほど気になりません。オイルブリードですが、持った手もサラっとしていてかなり抑えられている印象。少なくとも生腰等のNPG系素材よりは油っぽさは控えめですね。

ヴァギナ側はくぱぁ型の入り口になっていて、指で広げた限りではぷにあなDXの穴にとてもよく似ています。今回は内部が2重構造となっていて、ピンク色のインナー素材が施されています。このインナー素材は奥へ行くと少し固めになっていて、前後で高度差が違うというこだわりの内部構造となっています。インナー素材の接着ですが、触ったり目視した限りではしっかりと接着されているように思えます。

まずはヴァギナ部へローションを注入します。くぱぁ型の入口はローションポケットのようになっていて、逆流してくるローションもしっかりとポケットで受け止めてくれてます。奥の方まで指でローションを馴染ませてから、ゆっくりと勃起したペニスを挿入してみます。

指で触っていた限りでは、内部は相当きついだろうと予想したのですが、実際挿入してみますと少し力を入れたらあっさりと入っていきました。さすがに半勃起程度だと入れにくいですが、しっかりと勃起させればそれほど挿入は難しくありません。一本すじのすじマンがぱっくりと割れて、ペニスをくわえ込んでいる様はとても興奮しますね。

ゆっくりと押し進めますと内部は細かなイボが中心で、無次元系のような細かいジワジワとしたイボの刺激が伝わってきます。インナー素材は粘膜質でねっとりとしており、ローションの絡みも悪くありません。思っていたより優しい刺激で、まったり派の私でも楽しめる味付けとなっています。締まりはややきつめですが痛さ等は全くなく、しっかりと掻き分ける感触も伝わってきます。

騎乗位でお腹の上に乗せるとしっかりと上半身が立った状態で、ビジュアル的にもとてもいやらしい禁断の光景が広がっています。ロリホールとして考えたら、ビジュアル面では現時点で最高峰の出来ではないかと思えてしまうくら素晴らしさですね。

アナル部は2重構造ではなくシンプルな構造になっています。穴が小さくローションが入れにくいですが、指でローションを馴染ませてからこちらも挿入してみます。ふわとろ刺激ゾーンと名付けられたアナルの構造ですが、縦ヒダと横ヒダが入り混じった加工が施されています。

アナル側の刺激はヴァギナ部よりさらに優しく低刺激です。ヒダの高さもなく、シワのようなヒダなので目立った刺激はありませんね。刺激の好みで言えば、アナル部はヴァギナよりは劣りますが、バックにしてみますと最高のビジュアルが広がりました。ピンと突き出した小さなお尻と背中のS字ライン、更に触っている手に伝わってくる骨格の感触がリアルさをアップさせています。

バックや騎乗位をした時は、骨格があるのと無いのでは全然違うなと感じました。まるで小さな女の子とセックスしているような臨場感がたまりません。ヴァギナ部の構造も良く出来ていると思います。スペシャル版と呼ぶに相応しい出来といいますか、ノーマルのぷにあなDXとはまた違う種類のホールが出来上がりましたね。価格も高いと最初思いましたが、骨格のリアルな質感を味わってみると、オンリーワンの物がありましたので今は納得している自分がいます。

問題があるとすれば、やはりメンテナンス性でしょうか。使い終わった後洗ってみましたが、骨格が入っている為に素材が縮まりにくく、奥の方まで指が届いていないような感じです。流水をしっかりと奥まで循環させて、奥の方に入り込んだローションを洗い流していきます。

メンテナンス性を考えたら、ローションはさっと洗い流せるようなローションの方が良さそうです。洗浄後の内部乾燥も奥の方が拭き取りにくいです。指に吸水タオルを巻きつけて、届く所まで突っ込んで吸わせます。あまり無理に突っ込むと素材にダメージが出るので注意が必要です。それでも届かない部分は細い棒に、タオルかキッチンペーパーを巻いて奥まで挿し込むと良いでしょう。使い心地は最高でしたが、手間も最高にかかる製品だと思います。

ぷにあなシリーズ

パッケージ画像1
パッケージ画像2

ご感想募集 ご感想を募集中!

当サイトでは、オナホールのご感想を募集中です。辛口ご意見、管理人のレビューと180度違うレビューも大歓迎です。また、一度ご投稿いただいたホールでも、使っていくうちに違った感想が出てきた場合は再度ご投稿下さって構いません。文章の量は極端に短すぎなければOKです!

お名前(ペンネーム可)
ホール名
気持ちよさ
メンテナンス
耐久性
コストパフォーマンス
しまり具合
刺激
匂い
油っぽさ
柔らかさ
裏返し
ホールのご感想

送信が上手く出来ない場合は、こちらのフォームからご送信下さい。