詳細検索
エアーダッチ総合

インサートクッションピロー ポリ綿たっぷり高弾力タイプ レビュー

高弾力のポリ綿がたっぷり詰まったインサートクッションピロー。

高弾力のポリエステルの綿をたっぷり詰め込んだクッションタイプのピロー。縛り紐付きのホール装着口が付いていてホールをセットする事が可能。カバーはインサートエアーピローのカバーを取り付ける事が出来る。
インサートクッションピロー ポリ綿たっぷり高弾力タイプの画像

エアーダッチ評価

エッチ度 装着可能ホール セット速度 コスプレ 体位

販売店
サイズ 全長:約44cm 幅:約33cm 厚み:約20cm(最大部)
ホール装着径 装着口:直径約11cm 奥行き約20cm 価格 税込み2,500円前後~
発売年 2018年 メーカー Tamatoys(タマトイズ)
種類 エアーピロー

実はインサートクッションピローは二種類ありまして、今回取り寄せたのは高弾力の綿をたっぷり詰めたという改良版のタイプの方です。ノーマルより綿の量も増量していて、抱き心地もアップしているようなので、とても楽しみです。早速、取り寄せたピローを詳しく見ていく事にしましょう。

エアーピローをチェックしてみる



amazonで取り寄せました。クッションなので箱のサイズが大きく、50×38×31もありました。
製品自体は普通の枕サイズなのでそれほど大きくはないですね。カバーも一緒に注文しました。
本当にパンパンに綿が詰まっています。見た目は普通の枕ですね。
ホール装着口の部分も布で出来ていて、引き出す事が出来ます。
入口は紐が付いていて、ホールが飛び出さないように縛る事が出来ます。

装着口の奥行きは約20cm位で、こぶしが入る位の余裕があります。

上部には綿の詰め替え用のファスナーが付いていて、ここから手を入れて綿の量を調整する事が出来ます。
厚みは最大部で約20cm位あります。

専用のカバーをつけてみる

今回は豊富なラインナップのインサートエアピロー用枕カバーより、#133 イラスト:虎助遥人を取り寄せました。
シルクのような手触りでスベスベしていて伸縮性の高い生地です。印刷のムラもなく最高に綺麗にプリントされています。
裏はバックスタイルの絵柄になっていて、気分に合わせて切り替えて楽しむ事が出来ます。
取り付けてみました。立体感が出ても絵柄に不自然な感じもなく良い感じです。
立体感が出たバックスタイルもたまらんです。

ホールを装着してみる



中型サイズのダリンセブンを装着しました。紐を縛っておくとホールの飛び出し防止になります。
大型ハンドホール、ヴィーナスリアルも装着可能でしたが・・・・・。
大型ホールを装着する場合は、そのままでは綿が入り過ぎていてまず入りません。私はこれ位綿を抜いて調整してから装着しました。中の綿は虫が湧く事が無いポリエステルの綿が詰まっています。
カバーを取り付けると、こんな感じになります。ローションの漏れがあると汚れそうなのが気になります。
使用イメージ。手軽に腰振りが出来る固定具として使えます。

装着したカバー インサートエアピロー用枕カバー#133 イラスト:虎助遥人
販売店
価格 税込み1,600円前後~

【使用感】実際に使ってみました。

【プレイ可能までの所要時間】

綿詰めなので、当然空気を入れるという作業が無いのですぐに始める事が出来ます。準備としてはカバーの取り付けと、ホールのセット作業ですね。

カバーの取り付けは簡単ですぐに装着できますが、問題はホールのセットでしょうか。綿がたっぷりと詰まっているので、大きなホールを装着する場合は、綿を適量抜いてやる必要がありました。

幸い、綿を取り出す為の取り出し口が設けられているので、そこから手を入れてホール装着口付近の綿を抜き取ります。一度セット出来るように調整すれば、後はしなくてもセット出来るようになると思うので、最初の調整だけが少し手間がかかるかなと思いました。

【可能な体位は?】

取り回しの楽な枕サイズなので、正常位、バック、騎乗位と色々な体位を楽しむ事が出来ます。ただ、長さが短いので抱きしめた時、顔が対面出来ないので対面座位のような体位は楽しめないですね。

【抱き心地】

生地+綿なので抱き心地が素晴らしいです。抱きしめた時、女の子の肌のようなふんわりとした柔らかさがあり、エアピローとは比較にならない位に、女性を感じさせる柔肌感があります。私はインサートシリーズの中では一番抱き心地が良いと思いました。

【クッションピローの利点】

上に挙げたメリットの他にも、セットしたホールがひしゃげないので、ホール本来の締りで楽しむ事が出来るのも利点だと思います。エアピローだと、どうしてもホールがつぶれてしまい、きつい締りになりがちですからね。

綿の量は沢山入っていて不満はありません。前作の初期品は綿が少ないといった不満が多かったようですが、しっかりとその点を改良し、綿調整用のファスナーも付いているのが良いですね。ユーザーの不満点にしっかりと耳を傾け、改良してきたと言うのが伺えるので好感が持てます。

抱き心地、ホールの装着性能ともにエアピローより良いので、上級者が好んで行うカスタマイズなのも頷けます。手軽に綿詰めを体験するには良いピローだと思いますね。

【クッションピローの悪い点】

本体、カバー共に布製なのでオイルブリードが気になるところです。試しにエイトロングハードを装着して一晩おいてみましたが、油が滲み出ているような事はなかったです。ただし、オイリーなホールだと滲む可能性が高いので注意が必要です。1時間以内位のプレイ時間なら恐らく大丈夫ではないでしょうか。出来れば、ホール装着部位は、防油対策がされていたら尚良かったですが。

エアピローと違って、コンパクトに収納する事が出来ないので、保管に場所をとります。ですが本製品は、カバーをつけない状態だと普通の枕になるので、それほど保管には気を使わなくてもいいのかなとも思います。

お勧めは、普段は普通の枕カバーを付けておいて普通に枕として使用し、夜には専用カバーに取り替えて腰振り固定ピローへと変身させるといった使い方が良いのではないでしょうか。

あと、これは不満というか要望なんですが、折角抱き心地が素晴らしいので、もう少しサイズの大きいタイプも出して欲しいですね。恐らく出そうな気がしますが、サイズアップしたインサートクッションピローDXが発売されたら、是非試してみたいと思います。

パッケージ画像1

インサートピローシリーズ

ご感想募集 ご感想を募集中!

当サイトでは、オナホールのご感想を募集中です。辛口ご意見、管理人のレビューと180度違うレビューも大歓迎です。また、一度ご投稿いただいたホールでも、使っていくうちに違った感想が出てきた場合は再度ご投稿下さって構いません。文章の量は極端に短すぎなければOKです!

お名前(ペンネーム可)
エアーダッチ名
ご感想

送信が上手く出来ない場合は、こちらのフォームからご送信下さい。