詳細検索
おっぱいグッズ

ラブボディアキとレンで1つのQuty Titsをシェアする

究極のおっぱいグッズはアキだけじゃもったいない!

マジックテープでラブボディアキにQTを取り付けて楽しんでいるのですが、ふとレンにもアキと同じマジックテープを付ければ、QTを共有出来るのではないか?という考えが浮かび実行してみることにしました。

費用もマジックテープ代400円と接着剤代、補修テープ代とそんなにかかりません。かくしてレンにQTを取り付けるべくレンのビニールおっぱいにメスを入れることとなりました。
製品名
  • Quty Tits(キューティーティッツ)
販売店
サイズ (幅X高さX奥行):: 100×110×65mm
重量:580g(2つで)
メーカー 大魔王オリジナル 価格 税込み4,800円前後~
種類 おっぱいグッズ

製品名
  • ラブボディレン(ren)
販売店
メーカー A-One(エーワン) 価格 税込み2,700円前後~
種類 エアーダッチ

ラブボディレンにマジックテープを取り付ける

ラブボディレンのおっぱいのサイズはアキより大きく、巨乳なのでどちらかと言うとQTはアキほど合わないのではとおっしゃる方もいるかもしれませんが、小さいおっぱいも好きな私は迷わず決断しました。
おっぱいのラインに沿ってハサミでカットしていきます。カッターで切るよりハサミの方がやりやすくてお勧めです。
切開したら、おっぱいの空気穴を埋めなければならないのですが、接着がうまくいかないと微妙に空気が抜けることがあるので、今回はビニール用の補修テープも使用しました。
幅広のテープで屋外用のビニールハウスにも使える強力なタイプですが、500円程度でホームセンターに売っています。
最初、空いている空気穴に、切開したおっぱいのビニールを小さく切ったものをボンドで貼り付けます。それが固まったのち、このビニール補修テープを接着面を覆うように貼り付けます。2段構えなので今までよりは塞がりが良いと思います。

ラブボディレンはアキと違って空気穴が4つも空いています。したがって、貼り付けた箇所は4箇所になります。貼り付けが終わったら、一度膨らませてみて空気が漏れないか確かめます。もれていたらスーっと音がするのですぐ分かります。その場合は、漏れている箇所の接着を再度やり直します。

穴が塞がったら、いよいよマジックテープの取り付けです。オスとメスを間違わないように注意ですね。当然ですが貼り付けるのはQTにつけているのと逆のマジックテープです。
左右くりぬきました。この段階では大きさが多少違っていても後で微調整するので大丈夫です。ちなみに、このマジックテープは10cm×30cmのマジカルシートと言う名前の製品で、【マジックテープ マジカルシート】で検索すると出てくると思います、
実際に張り合わせてみて、はみ出ているところははさみでカットして揃えます。
マジックテープのサイズが定まったら、ラブボディレンに貼り付けます。ボンドはおもちゃ補修キットについているウルトラ多用途SUでくっつきます。

レンはバックスタイルなのでQTを取り付けると背後からおっぱいを揉むことになります。これがまたアキとは違った感触があって良いですね。Tシャツ1枚でも着せて服ごしに揉むと更にリアリティがアップします。騎乗位ならアキ、バックがしたい時はレンと使い分けれるので、QTの利用範囲も広がって楽しみが増えました。

マジックテープで取り付けた場合のメリットは、使用してない時ブリスターケースに戻せるので、きちんと保管出来るという点があります。私の場合今の所、このやり方で問題なく保管出来ています。

QTはラブボディに直接接着してしまうと、再び剥がすことが困難になります。剥がす時に、張り合わた底面に負担がかかりすぎるからです。マジックテープ式にすると、万が一ラブボディが破損しても、マジックテープを買うだけで新しいラブボディに移せますし、今回のように違う種類のラブボディとおっぱいをシェアすることも可能になるので楽しみが広がりますよ。


シリコン製おっぱいグッズ

柔らかさランクS

柔らかさランクA

柔らかさランクB

ご感想募集 ご感想を募集中!

当サイトでは、オナホールのご感想を募集中です。辛口ご意見、管理人のレビューと180度違うレビューも大歓迎です。また、一度ご投稿いただいたホールでも、使っていくうちに違った感想が出てきた場合は再度ご投稿下さって構いません。文章の量は極端に短すぎなければOKです!