トップページ
サイトマップ
オナホールの基本
非貫通式の空気抜き
ローション比較 使い方
オナホールとコンドーム
自家製ちんかけエプロン
オナホ温めグッズ
温め方を考える
温め方を考える2
洗浄と保管方法
オナホールのメンテナンス
補修実験と創作
オナホ振動化計画
オナホ振動化計画2
手作りオナホケース
オナホールの買い方
オナホールアンケート
オナカップ
TENGA
低価格オナホール
貫通式オナホール
非貫通式オナホール
無次元加工
フェラ系ホール
オリジナルホール
フレッシュライト
電動式オナホール
【電動】A10サイクロン
A10サイクロン 改造
【電動】A10ピストン
専用カップホール
据え置き型ホール
未掲載のオナホール
アダルトゲーム
USBオナホール
オナホールのセット
その他
エアーダッチ総合
ラブボディココ(Coco)
ラブボディヒナ(hina)
ラブボディミユ(miyu)
ラブボディレン(ren)
ラブボディアキ(aki)
ラブボディリサ(risa)
ラブボディナナ(nana)
ラブボディココ写真館
ラブボディヒナ写真館
ラブボディミユ写真館
ラブボディレン写真館
ラブボディアキ写真館
ラブボディリサ写真館
はめドル育成中! ! ナコ
はめドル育成中! ! ナコ コスプレ写真館
はめドル育成中! ! ヒヨコ
はめドル育成中! ! ヒヨコ コスプレ写真館
空気少女 宇佐羽えあ
宇佐羽えあ写真館
初めての綿入れ
ラブカバー専用ピロー
オンナノコのカラダ
KUU-DOLL(くうドール)
KUU-DOLL(くうドール)2


ラブ ヴィーナス
ラブ ヴィーナス写真館
おっぱいグッズ
注意・免責事項
お問い合わせ

TOP>>電動式オナホール
キーワード
電動式オナホール レビュー


電動に殿堂なし」そんな言葉が囁かれるほど、オナホールの電動製品は粗末で実用に耐えない物が多く、未だに完成品と呼ばれる製品は存在しないように思います。

開拓しつくされた感のあるオナホ市場において、未開の部分が多く残された夢のあるジャンルなのですが、中々本格的に開発に乗り出してくれるメーカーが少ないのが現状ですね。

電動製品にメーカーが乗り気ではないのは、一つには開発費が高額になると言うのもあるでしょう。また移り気なオナホール市場において、長い開発期間をかけるのもメーカーにとっては大きな負担となります。売れるかどうか分からない電動製品に時間をかけていられないと言うのが本音でしょうね。

現状、電動ホールはA10シリーズのみが気を吐いる感じです。A10シリーズは開発に数年もの時間を費やしており、他製品とは一線を画する性能が人気の製品です。やはりこれくらいじっくりと開発に時間を掛けないと、まともに動く物は作れないという事ですね。

A10シリーズをモノマネするメーカーは多いですが、これに匹敵するライバル製品が出てこないのが寂しいところでもあります。やはり市場は競い合いによって活性化していくと思いますので、他のメーカーの奮闘にも期待したいところですね。


長所

A10サイクロンの登場により一気に開花したサイクロン型の電動オナホール。ピストン型と違い回転による刺激が特徴。ストローク長を取る必要が無いのでピストン型に比べて小型化され、音も比較的抑える事が出来る。

手動では実現不可能な回転式の刺激が新鮮。

アタッチメントの種類が豊富で、付け替える事により刺激の変化も期待できる。

短所 ピストン型のようなストロークが無い為に、亀頭中心の刺激になってしまうので物足りない感はどうしてもある。中々イケないとの声も多い。
代表的な製品 A10サイクロン

   

長所 回転するサイクロン式に比べて前後に動く方式なので、通常のオナニーのようなストロークが得られる分、快感度も高い。
短所 トルク不足の製品がほとんどで使用中止まってしまう事が多い。音も大きく、ストローク長も取らないといけないので製品が大型化する。
代表的な製品 A10ピストン ONA☆MAX レボリューション【生産終了】

   

長所 モーターのパワーがあまりいらないので、コンパクトかつ低価格な製品を作る事が可能。
短所 ピストンも回転も無いただの振動のみなので、これだけで射精まで至るのは困難に思われる。
代表的な製品 ブルーボーイ




オナカップ TENGA 低価格オナホール
貫通式オナホール 非貫通式オナホール 無次元加工
フェラ系オナホール フレッシュライト 【電動】ONA☆MAX
【電動】A10サイクロン 据え置き型オナホール オリジナルホール
おっぱいグッズ その他 オナホールのセット
アダルトゲームとUSBオナホール    



Copyright (C) オナホール体験レポートのオナホねっと All Rights Reserved
サイト内の画像および文章は無断転載を禁止いたします